犬びより

柴犬連れおっさん3人が奏でる壮大な無駄話!? 『柴公園』ドラマ放送中&映画制作決定!

2019/02/08

柴公園

街の公園で、柴犬連れおっさん3人がダラダラと喋るだけの会話劇……現在、連続ドラマが放送中の「柴公園」が映画化されるとあって、ただいま話題沸騰中だ。

おっさんたちの共通点は、古い街に突如建ったタワーマンションに越してきた街の新参者にして柴犬を飼っていること。彼らは毎日散歩で顔を合わせるが、お互いの名前も知らない適度な距離感のお付き合い。だからこそ、普段思っている事を何でも話せるという間柄だ。妙にレベルが高い無駄話をしているうちに、壮大なる脳内ドラマが展開されていく。

柴公園

この作品は名バイプレーヤーが集結した俳優陣にも注目したい。主演の”あたるパパ”役を演じる渋川清彦は2018年の映画出演数は13本を数え、映画関係者が今最も起用したいと声を揃える。連続ドラマ初主演を飾る本作でどんなパフォーマンスを見せてくれるか、目が離せない。

渋川の脇を固めるのは、「赤目四十八瀧心中未遂」「キャタピラー」「さよなら渓谷」の大西信満が”じっちゃんパパ”役を、ドラマ「この世界の片隅に」で名演を見せたドロンズ石本が”さちこパパ”役を務め、3人のおっさんによる個性豊かな会話劇が繰り広げられていく。

柴公園
柴公園

さらに、ヒロイン”ポチママ”役には、「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY」「娼年」「真っ赤な星」と出演作が続く注目の女優・桜井ユキ。熱血再び!?胸が熱くなる”校長先生役”を山下真司が演じている。

柴公園

そしてそして、あのニートが帰ってきた!「マメシバ」シリーズの佐藤二朗が、例のあの役で登場! 

メガホンを取るのは、dTVドラマ「みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブ・ウォーズ~」映画「人狼ゲーム インフェルノ」「ゼニガタ」の綾部真弥と、豪華な面子がそろった。

究極の暇潰しコンテンツ「柴公園」。ドラマ版はテレビ神奈川、仙台放送、TOKYO MX、とちテレ、群馬テレビ、テレ玉、 チバテレ、KBS京都、サンテレビ、BS12 トゥエルビ、メ~テレほかで放送中。映画版は6月14日に全国で公開される。

 
<ストーリー>
都市開発が進む街の公園。柴犬を散歩するあたるパパ(渋川清彦)、じっちゃんパパ(大西信満)、さちこパパ(ドロンズ石本)は、朝夕決まった時間にやって来る顔見知りで、犬の名前しか知らないフラットな関係性。ベンチに座って話すのは、決まって他愛の無い世間話。ところが、やたらIQの高い3人の会話はいつもエスカレートし、柴犬たちは置いてけぼり。3人の壮大なる無駄話は終わることなく続くのだった…。

 
<キャストコメント>
柴公園

渋川清彦
現場に入ってからもセリフに追われ、朝は日が昇る前に起き、夜は22時前にはお酒も飲まず、寝てしまい、寝言までもセリフみたいな事を言っているらしく、柴公園の呪文にかかっています。ただ、朝、現場に行きあたるを散歩させると、なんだか清々しい気分になり、一瞬柴公園の呪文からも解放されます。多分おっさん三人も同じような瞬間があるように思います。皆さんも楽しみにしてください。癒されますよ。まあ、観て頂けると嬉しいです。

大西信満
無駄話のような人生の深淵を覗き込むような、ユルいのか鋭いのか、ちっぽけなのか壮大なのか……。着地点が見えない我々の会話を、どうか楽しんでいただければ幸いです。

ドロンズ石本
とにかく、癒される現場です。実はちゃんと動物達と関わる仕事はこれで、3回目なんです。1回目は、「雷波少年」と言う番組でロバのロシナンテと日本を縦断した時、2回目は「南極大陸」と言うドラマで、南極越冬隊を演じた時に、樺太犬と、そして今回は3回目で、柴犬。少しずつ小さくなってますが(笑)、ま~とにかく動物達は本当に大好きですし、とにかく可愛い~その中でも、うちのさちこが一番可愛いですね~。
壮大な無駄話と言われてますが、またこれが、何気に無駄なようで、無駄ではなくて、今のこのSNSの時代に、絶妙な距離感だからこそ、ハッキリと色々話せるおじさん達の可愛らしさと、一生懸命さが、ホッコリすると思います。共通の好きな物(今回は柴犬)があると、人はそれぞれ心を許す時がある事が素敵な作品の1つの見所だと思いますね。是非、何も期待しないで、気楽に見てくださいね~

桜井ユキ
わたしのパートナーであるポチは、とても可愛いく見えて実年齢14歳なんです。撮影では、決まった動きがきちっとでき、芝居もサラッとやってこなす、重鎮のオーラが漂うプロ犬です。この作品の何とも言えない優しく緩やかな空気に、是非触れて頂きたいです。

山下真司
今回は熱血教師ではありません。登下校する生徒達を優しい目差しで見守る温厚な校長先生の役です。この役で新たな境地を狙ってます。乞うご期待!頑張れ元熱血教師!可愛い可愛い”ワンちゃん達”がたくさん登場するこの作品。私が個人的に期待すること、それはどのワンちゃんと相性がいいのか?今から楽しみです。

佐藤二朗
まさか50前にして、また「芝二郎」を演じることになるとは思いませんでした。10年前に比べ、当たり前のように白髪は増え、当たり前のようにメタボが進化した僕ですが、「芝二郎」には成長があるか否や、是非、目撃してください。
今回、芝二郎のパートナーになる柴は、「6代目の一郎」になります。彼がまたビックリするくらい大人しくて聞き分けがよく、ウチのもうすぐ7歳になる息子より明らかに落ち着いております。一郎・二郎のバディをお楽しみに。

綾部真弥監督
アラフォーのおじさん3人と、柴犬3匹のコンビネーションが抜群で、観終わった後にはおしゃべりしながら、犬や動物と触れ合いたくなる作品になっています。
ささやかな日常を描いたドラマですが、そんな日々がバカバカしくも愛おしくなる事間違いなし……!どうぞ、壮大な無駄話にお付き合い下さい。

<ドラマ予告編>

公式HP :http://shiba-park.com/

 
関連記事: 柴犬3匹が作品の魅力を語る!? ドラマ&映画『柴公園』からインタビュー動画が到着!

 
 
製作総指揮:吉田尚剛 
ドラマ版監督:綾部真弥/田口桂 
映画版監督:綾部真弥 
企画・脚本:永森裕二
動物トレーナー:ZOO動物プロ 
制作プロダクション:メディアンド 
配給:AMGエンタテインメント 
配給協力:イオンエンターテイメント

(C)2019「柴公園」製作委員会

facebookでシェア ツイートする LINEで送る
pick up!