犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

【日本犬アーカイブ】昭和と現在、愛犬にかかったお金を計算してみた!

2018/08/06

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

実家で飼っていた昭和の犬と、我が家の愛犬にかけてきたお金を比べてみてビックリ! 飼い主がいつまでも貧乏な理由がよ~くわかったよ(泣)。 
 

現在の愛犬にかかったお金

<1日にかかるお金>
●ウンコ袋1~2枚=1枚約50~100円×2
●おしり拭き2枚=1枚約3円×2
●ドライフード1日分=約100円(ラム&玄米で、アレルギー&エイジングケア用なのでやや高め)
●オヤツ1日分=約100円(100g=150円位の赤身の肉を茹でたものを3日で食べきり、その他に市販の「乾き物」のオヤツを少々)

 
<1ヶ月にかかるお金>
●ノミダニ駆虫薬=1600円
●動物病院でのシャンプー=4500円

 
<年間でかかるお金>
●ペット保険=4万円
●狂犬病の予防注射(動物病院で接種の場合)=4500円
●混合ワクチン=1万円
●健康診断=2万円

 
<季節によってにかかるお金>
(夏)
●フィラリアの薬(5~12月、検査も含む)=1万円
●冷房費(6~9月)=月1万円
●真空パックのうなぎの白焼き=2000円
●庭の手入れ(夏の草むしり依頼)=1万4000円

(冬)
●暖房費(12~3月)=月1万5000円(床暖房とエアコン)

 
<イレギュラーでかかるお金>
●治療費1(結膜炎)=5000円
●治療費2(皮膚疾患。薬代も含む)=7000円
●治療費3(食欲不振により検査&診察)=4万円(レントゲン、超音波、血液検査など)

 
<その他>
●シバコレ練習用の洋服の購入(主にレインコート)=7000円
●オモチャの購入=年間で約5000円
●布団クリーニング(この間寝ている時にゲロを吐かれた)=3000円
●犬用ベッド=5000円

 
<わりと高額な商品>


●軽自動車=100万円
●タイルカーペット(100枚)=3万円
●赤外線じゃないこたつ=1万円
●デジカメ2台=5万円
●掃除機2台=10万
●キャリーバッグ=2万円
●ケージ=2万円
●ハウスやクレート=2万円
●築30年の中古戸建=3500万円

 
<買ったのに今は使わないもの>
●トイレトレー2つ、トイレシーツ
●犬用シャンプー
●毛がごっそり取れるブラシ
●歯磨きセット
●ハウス、ケージ、クレート、キャリーバッグ
●被り物
●おしゃれな首輪(5000円以上したが、ナスカンが重く、首に負担がかかりそうだったので、飼い主の判断で装着中止に)
●ストーブとストーブガード(床暖房とエアコンにより冬の暖房費が高くつくので石油ストーブにしようと思ったが、「ヤケドしちゃったら危ないよ」と、設置中止。

 
<老犬対策でかかったお金>


●スロープ=5000円
●新しいハーネスの購入=2万円

 

愛犬のためにバンバン稼ぐのも飼い主の喜びだ!

それにしても、犬にかけているお金を書き出してみて、驚いた。我が家なんか犬連れお出かけを一切しないから、その分のお金がかかっていないけど、旅行に行ったり、しつけ教室や何かのレッスンに通ったり、オシャレを楽しむご家庭は、もっと「犬経費」がかかっているはず。

で、昭和の頃の実家での「犬経費」を書き出してみた。「食べ物」=ゴハンは残飯かドッグフード。当時のドッグフードは2メーカーくらいしかなく、価格もかなりお手頃。オヤツはたまに牛皮ガムを買ってきてあげるくらい。これもお手頃価格。あとはお肉屋さんで牛のあばらをタダでもらったりした。

「医療費」=うんこに素麺みたいな寄生虫がいることがわかれば、虫下しをあげるくらい。あとは1年に1回狂犬病の注射をして、よほど具合が悪くならない限りは動物病院に行くことはなかった。もちろん、避妊&去勢手術もしないことが多かった。

主な経費はこんな感じで、娯楽費っぽいものは皆無。首輪やリードもちぎれそうになれば買い替えたが、おとなしい犬なら若い頃に買ったものを一生使うことも。お手入れは、夏場に家でたらいに水を張って、その中でエメロンシャンプーで犬をガシガシ洗ってたし、ブラシもピンブラシが1つあれば事足りた。昔の犬経費、うちの実家では1匹につき年間1~2万円ってところだろう。

さて、現代の我が家の話に戻そう。愛犬が歳をとると一番気になるのが老後の生活面と健康面だ。とりあえず、今後愛犬が病気をした時に、十分な医療を受けさせてやるためのお金を稼いで貯めておくこと。そして、犬の体の機能の低下を見極めつつ、何が起こりうるかいろいろ予想して、愛犬を取り巻く環境を整えていこうと思う次第。そのためには、やはり飼い主が健康でいなくてはね。みなさん、愛犬のためにバンバン稼いで、一生大事にお守りしていきましょう!

 
Shi‐Ba vol.97『日本犬アーカイブ 犬にかけるお金編』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。