犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

【柴犬・男飯】スタミナ食で夏バテに負けない弁当の作り方!

2018/05/25

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

余計な油を使わず、夏の弱った胃腸に負担をかけないさっぱりとした調理方法で、消化を助けるトマト、エネルギー源となる白米、アミノ酸お水分補給の為、チキンスープ等を調理。栄養バランスがとれ、暑い中でも食欲が進む弁当だ。

 

スタミナ弁当の作り方

トマト
(クエン酸の働きで鶏肉の消化を助ける)

材料:ミニトマト3コ
作り方:トマトは1コを2等分にし、種を取る。

キュウリ
(ミネラルを適度に含み、体に負担をかけずに水分補給ができる)
材料:キュウリ5cm
作り方:キュウリは千切りにし、水気をとっておく

錦糸卵(卵白を利用すればカロリーオーバーにならずにボリュームアップ)
材料:卵白1コ うずらの卵1/2
作り方:卵白にうずらの卵1/2を加え、薄焼き卵を焼き、錦糸卵にする。

つくね(高タンパク質と程よい脂肪がある時、鶏もも肉は旨味が強い。軟骨をいれてカルシウムもアップ)

材料:鶏もも肉皮なし40g 片栗粉 小さじ2 うずらの卵1/2 軟骨 5~6本
作り方:
1.軟骨は熱湯で茹でておく
2.鶏もも肉は包丁で粘りが出るまでたたき、片栗粉と錦糸卵の残りのうずらの卵を溶いたものを加え、よく練る。
3.軟骨の周りに6等分にした2番を付け、フライパンで転がしながら焼き目がつくまで焼き、大さじ2~3の水を入れ蓋をして、仲間でしっかり火が通るまで蒸し焼きにする。

ごはん
(気温が上がる夏は腐敗防止の為、酢を入れて炊く)
材料:白米3/4カップ 粉海苔 少々 酢 小さじ3/4

作り方:
1.白米は炊くとき、腐敗防止の為、酢を入れる。
2.炊き上がったらよくさまし、器につめ、粉海苔をかける

チキンスープ
(平らにして冷凍すれば、保冷代わりに利用できて一石二鳥)

材料:鶏手羽元3本 水6カップ
作り方:
鶏手羽元は水でよく洗い、一度沸騰したお湯にさっと通した後、2時間くらい弱火で灰汁をとりながら、ことこと煮る。
平らにし、密封ポリ袋に入れて冷凍すれば保冷剤代わりにもなる。

 

実食

 

食べるときは全体を良く混ぜよう。
お弁当を与える時は愛犬が食べやすいように、お弁当箱から別の容器に移してあげる。
1.お皿におかずとご飯を載せる
2.チキンスープをかける
3.よく混ぜる

エネルギーを補い、食べやすい夏のおやつ

・ササミチーズボール

食欲の出ない夏でも愛犬が食べられるように、ササミとチーズで嗜好性を高くしたおやつ。カッテージチーズは高たんぱく、
低脂肪でしかもカルシウムが豊富な優良食材だ。

材料:小麦粉おおさじ2 卵汁 少々 牛乳 少々 鶏ササミ10g ベーキングパウダー 少々

作り方:小麦粉、卵を溶いて、中央にササミとカッテージチーズをいれ、たこやき器で焼く。

 

・野菜チップス

緑黄色野菜は薄くスライスしてカリッと揚げれば、消化吸収も高まり、趣向性もアップ

材料:にんじん5cm かぼちゃ5cm
作り方:にんじん、かぼちゃを薄くスライスして、低温の油でカリッと揚げる。

 

・季節のフルーツ

成分の90%異常が水分という甘くてみずみずしい水分でのどの渇きを潤し、スイカの加重の利尿作業で余計な水分を排泄。
ヨーグルトの乳酸菌で胃腸を整える。※食べさせすぎると便が緩くなるので食べさせすぎには注意

材料:スイカ ふたかけ 無糖ヨーグルト 小さじ2
作り方:スイカは食べやすい大きさにカットし、無糖ヨーグルトをかける。

Shi-Ba vol.11 『スタミナつけて、お仕事バリバリ 柴犬・男飯』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。