犬びより

【愛犬専用 Studio講座】板・布・紙で作る可愛いスタジオアイデア集

2018/09/25

今回は「板・布・紙類」の3種類をメイン素材に自宅でスタジオづくりをしてみよう。ここでは素材別に使用したアイディアをまとめた。

 

スタジオ作りの必須アイテム

・スタジオ基本素材
基本素材は布、板、などの他にも、紙類の3種類。細い棒を1~2本用意しておけば、飾りを手前と奥に吊るすことができ、奥行きのある演出ができるようになる。

・基本道具テープ類
ガムテープ、マスキングテープ、両面テープなどのテープ類は必須。ガムテープは大きなものや重量感のあるものを固定する時に使用。マスキングテープは、家の壁紙などに直接貼る時、壁に残らずにはがせる。また、両面テープは小物作りの時などに活躍する。

・テグス(天蚕糸)
細く透明なので何かを上から吊るす時写真に写りこみにくい。

・安全ピン
布に装飾をつける時などは、犬の安全も考慮し安全ピンで。

・クリップ
素材を選ばず、何でも挟める。モノを固定したい時に便利。

 

日常生活ではあまり購入しないアイテムではあるものの、スタジオづくりには便利なアイテムの一つ。DIYブームなどもあり100円ショップでも売られるようになったため手に入りやすい。両面に色が塗れるため数パターンで使用でき、使い勝手がよい。また、他の小物と組み合わせるだけで立体的な小道具にも変身する。

【準備】

裏と表で違う色を塗っておけば、セットの雰囲気に合わせて使い分けられる。

・小道具として

立体的な木製ボックスと組み合わせれば棚に変身。

・床として
床に敷き詰めれば雰囲気のある床になる。

・壁として
ダンボールなどに固定して壁に立て掛けるだけで背景が完成。

 

素材や柄などで、ガラリと雰囲気が変えられるのが布。布1枚を壁から床に垂らしておくだけでも立派なスタジオセットになる。また、色や素材感をプラスしたい時には、小ぶりなサイズのカーペットや絨毯を床にするだけで、ぐっと印象が変化するのでおすすめ。

・飾りとして
ドレープをつけて背景にするだけで華やかな印象になる。

・壁として
壁に貼り付けるだけで背景に。柄物の布にするだけで一気に華やかになる。

・床として
床とする場合は、普通の布の他に、カーペットや絨毯などもおすすめ。

 

紙類

様々な形状がある紙類の小物。安価なので、用意しやすいのも魅力のひとつ。最近の100円ショップには、壁紙やポスターなど季節に合わせた柄のものも売られている。季節のイベントに合わせた柄でスタジオセットをつくれば、インスタグラムなどのSNSにぴったりな写真のできあがり!

・背景として
壁紙はもちろん、裏がシールになっているリメイクシートもおすすめ。

・飾りとして
吊るすタイプのものや、ハニカムボールなどを取り入れるだけでかわいらしい雰囲気に。

・背景や飾りとして
ポスターや地図も立派な背景に。また、スタジオ3のように一部だけ見せるポイント使いもおすすめ。

ポスターだけでもなんとかなる!!

意外にもポスター1枚だけでも、様になる写真が撮影可能。写真は、青空のポスターを背景に1枚貼っただけのもの。雨の日でも晴天の下で撮影したような写真が撮れる。

犬を少し高さのある台に乗せて、下からあおるように撮影すれば、青空と犬だけの構図が完成。

 

その他の小道具

スタジオセットのベースができあがったら、小物で飾りつけ。テーマを決めて、同じテイストでそろえるのがポイント。

≪ボール≫

無地のボールも、ビニールテープで模様をつけるだけでかわいく変身。

≪100円小物≫
100円といって侮るなかれ! 本当にいろいろな小物が増えた100円ショップ。アイディア次第で使い方は無限!

≪造花類≫
季節に合わせた花、グリーンなど、少し写真に入れ込むだけでぐっと季節感が出る。

≪ウォールステッカー≫
様々なテイストのものが売られているので、お気に入りのものを見つけたら、ストックしておこう。

 

撮影時のポイント

・カメラ目線はオヤツか音で
犬のカメラ目線は、オヤツや音で目線を引くのがやりやすい。あえて、カメラ目線を外しても雰囲気のある一枚になる。

・撮影するときは2~3人がかりで
1人は撮影係、もう1人は犬のそばでどこかに行かないよう見守る係、最後の1人はオヤツやオモチャで目線を取る係、とすると撮影しやすい。2人で撮影する場合は、撮影と目線を取る係を兼任するのがおすすめ。

・構図を考えてセットを組もう
基本的に写真はタテかヨコの構図。構図をタテにする場合は縦長に、ヨコにする場合は横長にセットをまとめよう。インスタグラム用などで正方形にトリミングする場合は、タテの構図で撮影しておくと正方形に切り取りやすい。

 

アレンジして、オリジナルスタジオで楽しんで

今回はスタジオづくりのアイディアをご紹介しましたが、アレンジは無限大。自分なりにアレンジしてオリジナルのスタジオを楽しんでください。

おすすめは、季節のイベントに合わせたスタジオセット。小道具をイベントに合わせたものにするだけで、SNSなどにもぴったりな写真が完成します。また、季節の挨拶にもそのまま使えますよ。

撮影時のポイントはいくつか紹介してきましたが、一番のポイントは撮影中の愛犬の様子をよく見ること。飽きてしまったり、イヤな気持ちで同じ場所にずっといるのは犬でも苦痛なもの。そんな時は、愛犬の浮かない表情の写真しか撮影できません。愛犬の様子が、落ち着きがなくなってきたら即休憩をとって、気分転換させてあげて。少しの気分転換で、撮影できる表情ががらりと変わります。

これから、イベント盛りだくさんの季節がやってきます。愛犬さんと楽しく、かわいく写真撮影を楽しんでください!

 
 
関連記事:【愛犬専用 Studio講座】自宅でも可愛く撮影できるスタジオの作り方

 
プードルスタイル vol.19『愛犬専用!!My Studio 講座』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。

facebookでシェア ツイートする LINEで送る
pick up!