犬びより

毛糸でカンタン!ボンボンプードルを作ろう!【トップノットプードル編】

2018/10/12

ちょんとしたトップがかわいい。耳の毛も同じように結んだりすれば、いろいろなスタイルも楽しめそう!

 

材料と道具

・くるくるボンボン(3.5cm、5.5cm)
…1セットずつ

・好きな色の毛糸…2玉

・手芸用木綿糸…50cm程度

・毛糸と同じ色のモール…1本
※今回使用したのは白系

・目パーツ、鼻パーツ…1セット

・手芸用ハサミ

・木工用接着剤

・ようじ

 

トップノットプードルの作り方

マズルや体を作る


1.基本の1~10同様にマズルを作る。3.5cmのくるくるボンボンをセットし好みの色の毛糸を親指で押え、巻き付けていく。2本取りで65回。

 

2.基本の1~10同様に体を作る。5.5cmのくるくるボンボンをセットし好みの色の毛糸を親指で押え、巻き付けていく。2本取りで270回。

 


3.頭を作る。5.5cmのくるくるボンボンをセットして半円を2本取りで125回巻きつける。もう半円は通常どおり2本取りで105回巻き、写真のように人差し指を入れて20回巻きつける。

 


4.3を基本のボンボンの4~7同様に側面の溝からハサミを入れて切る。毛糸が長い部分は真んを切る。

 


5.毛糸の長い部分を1ヶ所にまとめる。100円ショップなどで購入できる、小さなヘアゴムなどで結ぶ。この時、根本が少し残るようにふんわりと結ぶとよい。基本のボンボンの8~10同様、ハサミで丸く整える。

【point】
こうしておくことでまるく整える際に切ってしまうことがない。毛糸の長い部分を押えながらゆっくり切るときれいにまるくなる。

 
トップの毛を整える


6.顔の後ろにする方の毛糸を少しずつ引っ張る。そうすることで、前面の毛糸がふくらみかわいいトップノットができる。

 
耳を作ってつける

 


7.テディベアカットプードルの3~4同様に、毛糸を2本取りで、今度は写真のように指4本を使って8回巻く。巻きはじめと巻き終わりは同じサイドになるようにすると、この後の作業がやりやすい。

 

8.マズルをつけた顔にバランスを見て、耳をつけたい場所の毛糸を指でかき分ける。接着剤をたっぷりつけて、7の耳の結び目をつける。

【point】
マズルは小さいのでボンボンのまとめた糸が目立つが、そこを犬の鼻の筋になるよう縦にして頭につける。

 

9.アフロヘアプードルの6~7同様、顔に鼻や目のパーツをつける。バランスを見てかわいく。
※体のボンボンと合体させた後に、顔に目や鼻のパーツをつけてもok。

 

10.体に接着剤を付け、バランスを見て顔に傾きをつけたりしてつける。

 
シッポを作ってつける


11.アフロヘアプードルの9~10同様に8cmのモールでシッポを作り、つけたい所に接着剤でつける。

 
耳やトップノットの長さを整える


12.耳やトップノットの毛糸を好みの長さに切る。

 
 
関連記事:
▼基本のボンボンの作り方

 
▼テディベアカットプードルの作り方

 
▼アフロヘアプードルの作り方

 
プードルスタイル vol.15『毛糸でカンタン!もふもふかわいい ボンボンプードルを作ろう!』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。

facebookでシェア ツイートする LINEで送る
pick up!