犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

【犬具選び方の鉄則】力が強いコーギーは首輪とハーネスどっちがいい?

2018/12/27

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

首輪とハーネスを選ぶ時に気をつけたいポイントは、「安全」と「体のバランス」だ。今回は首輪とハーネスの選び方から装着方法までを紹介しよう。
 

コーギーには首輪とハーネスのどちらがよい?

意外かもしれないが、「どちらでもよい」というのが答え。首輪とハーネスを選ぶ時の大切なポイントは、「安全」と「体のバランス」

犬が走ったり後ろへ引いたりしても抜けないものを選ぶこと。加えて、犬の自然な動作を妨げないものを選ぼう。

コーギーは引っ張る犬が多く、不自然な体勢になっている。体のバランスが崩れた状態が続くと骨格が歪んでしまうので、早めに対処してあげたい。また、心身は繋がっているので、実は内面にも悪影響が及ぶ。例えば興奮が高くなったり、不安が強くなったりすることもある。自然な動作で歩けるように練習することも必要だ。

毎日使うものなので、使い勝手がよいことも大切なポイントだ。正しい装着方法やリードの持ち方も知っておこう。
すい。

 

首輪&ハーネス選びの鉄則

1.抜けないサイズを選ぶ
首回りが太くて足が短い体型のコーギーは、首輪もハーネスも抜けやすい。首輪は犬が後ろに引いた時、ハーネスは激しい動作や後ろに引いた時に要注意だ。

 
2.鑑札など重さを考慮する
鑑札と狂犬病予防注射済票の装着が法律で義務付けられている。犬の首輪やハーネスに付けること。加えて、飼い主の連絡先などを書いた迷子札。誰が見てもすぐに飼い主がわかるので、いざという時に役立つ。住まいの地域で災害が起きた場合に備え、遠方の家族や友人に許可をとって連絡先も記載できれば安心だ。首輪やハーネスがはずれてしまう危険もあるので、念のためマイクロチップも入れておきたい。

 
3.薄くやわらかい素材を
首輪とハーネスの素材は、ナイロン製、革製、コットン製が大半。いずれを選んでもよいが、犬の動きを妨げないように、薄くやわらかいものにしよう。厚すぎる革製や重すぎる金属製は犬の負担になる可能性があるので避けた方が無難だ。

 
4.シンプルイズベスト
犬の身につけるものはシンプルな方が安全だ。装飾が付いていると、犬の動きを妨げる、はずれて犬が誤飲する、視界で動いて不快感を抱く、といった可能性がある。コーギーは興奮が高まると首輪やリードを噛む犬もいるので要注意。装飾は刺繍やワンポイント程度にしよう。

 
5.適切にフィッティングする
首輪もハーネスもさまざまな種類が登場し、メーカーによってサイズやフィッティングが異なる場合が多い。「指1~2本が入ればOK」とよくいわれるが、犬具によってはゆとりがありすぎて抜ける危険が。メーカーの指示どおりのサイズを選び、調整することが大切だ。

 
6.幅は2cm前後が目安
コーギーの場合、小さい犬なら7㎏程度、大きい犬なら15㎏程度の大きさと考えても、首輪やハーネスの本体の幅は2㎝前後が目安。ただし、メーカーや犬具によって適正な幅が異なる。迷った時はメーカーや専門家に相談しよう。

 
7.犬具に頼りすぎない
本特集で紹介している引っ張り抑制のヘッドカラーやハーネスは、犬が引っ張りにくくする作りになっている。装着するだけで引っ張らなくなることもあるが、抑制しているだけ。根本的な解決を目指すなら、引っ張らずに歩いている時にほめてごほうびを与え、上手に歩けるように教えよう。

 

引っ張るコーギーに首輪を使っても大丈夫?

首輪は肩などの関節の可動域にかからないので、犬の自然な動きを妨げることが少ない。種類、素材、デザインが豊富で愛犬に合ったものを選べるのも良いところ。適切なサイズを選べば抜けることも少なく、比較的安全だ。もしハーネスを使う場合も、念のため首輪を併用して付けておけば、抜けた時でもつかめるので安心。

では、首輪を使って引っ張らせないようにする方法はあるのだろうか?首輪はリードで指示を伝えやすく、特にヘッドカラーは装着しただけでコントロールしやすくなる。引っ張り抑制効果がない通常の首輪を使って直したい場合は、飼い主さんがつられて動かず止まること、引っ張り返さないこと。加えて食べ物やオモチャを持ち、より魅力的な人になろう。ヘッドカラーはフィッティングや使い方にコツがあるので、専門家に聞いた方が安心。首が締まるチョークチェーンという首輪が引っ張り抑制としてすすめられていることもあるが、実は使い方がとても難しい犬具。飼い主さんは使用を控えよう。

 

首輪 seledtion

首輪にはカラフルで高性能なものがたくさん。愛犬に合ったものを見つけよう。

種類・素材
フィッティングをして合えば、どれを選んでもOK。ハーフチョーク(マーチンゲル)は、犬が後ろへ引いた時に抜けにくい特性がある。ただし首輪を頻繁につけはずしする場合、犬が嫌がる可能性も。愛犬に合わせて選ぼう。

 
首輪が向いている犬の年齢
子犬から老犬まですべての年齢の犬が使用してOK。サイズとフィッティングが重要なので、子犬は成長に合わせて適正なサイズに買い換えよう。老犬はハーネスの方が歩行を補助してあげられるが、慣れた首輪の方がよい場合もある。

 
首輪が向いている犬の性格(行動)
散歩の時に落ち着いて歩ける犬に向いている。引っ張る犬はヘッドカラーや引っ張り抑制の効果があるハーネスを使い、歩調を合わせる練習しよう。拾い食いをする犬は、頭部をコントロールしやすい首輪やヘッドカラーがよい。

 
状況
留守番する時に装着しておく場合は、どんな性格にも首輪がおすすめ。ただしハーフチョークやマーチンゲールは小さい輪が犬のあごに引っかかり、リミテッドスリップカラーは垂れた部分を犬が噛む可能性が。他のタイプを選ぼう。

 
▼首輪の種類

ハーフチョーク(マーチンゲル)

大きい輪と小さい輪で構成されるタイプ。小さい輪で大きい輪を締め、ゆとりと抜けにくさを両立するしくみ。チェーンになっているものは被毛が隙間に入って痛むこともある。

 
ヘッドカラー

犬の頭の向きをコントロールでき、引っ張り抑制や拾い食い防止に役立つ犬具。装着や使い方はしつけの専門家に習おう。

 
リミテッドスリップカラー

ひとつなぎの輪になっているタイプ。チョークチェーンを改良して作られたもので、調整したサイズ以上に締まらない。

 
クイック&リリース(パッチン&ワンタッチ)

プラスチック製のワンタッチバックルで簡単に着脱できるタイプ。ベルトの長さを調整しやすい。

 

引っ張るコーギーにハーネスを使っても大丈夫?

近年はハーネスの種類が増えている。引っ張り抑制効果のあるタイプも含め、特徴を知っておきたい。

ハーネスは前足、肩、背中に近いところに装着するもの。これらの可動域にかからず、動作を妨げないものを選ぼう

コーギーの場合、種類はステップインハーネス・ベスト一体型ハーネス・引っ張り抑制ハーネスがおすすめ。ただしハーネスは適切にフィッティングしたつもりでも、首輪より抜けやすい傾向がある。特に犬が後ろに引いた時が危険。万が一ハーネスが抜けた時につかまえられるように、首輪との併用をおすすめしたい

では、引っ張る犬にハーネスをつける場合、どのようなことに注意するべきだろうか?引っ張る犬を飼い主さんが引っ張り返すと、水上スキーのような状態になってしまう。飼い主さんが止まること、引っ張り返さないこと、より魅力的になることを心がけよう。引っ張り抑制ハーネスは、つけたらすぐに効果が出る。引っ張らない時にほめてごほうびを与え、根本的な解決を目指そう。

歩調を合わせた散歩を目標にしたい。

 

ハーネス selection

ハーネスは通常タイプから引っ張り抑制効果が高いタイプまで様々。適切に使うことが大切だ。
 
ハーネスが向いている犬の性格(行動)
歩調を合わせて歩ける犬は通常タイプでOK。引っ張る犬は、引っ張り抑制効果があるタイプを使い、早めに対処しよう。引っ張り続ければ犬の体に負担がかかる。ハーネスは頭部をコントロールできないので、拾い食いをする犬には不向き。

 
ハーネスが向いている犬の体格
ハーネスは前足が1本抜ければ全て抜けてしまう。特にコーギーは前足が短いので要注意。ベストやウェア一体型は特に抜けやすい傾向が見られるので、ジャストサイズを選び、しっかりフィッティングを行うことが重要だ。

 
▼ハーネスの種類
 
引っ張り抑制ハーネス

リードを胸の前に装着するタイプが多い。犬が引っ張ると脇などに力が加わり、前進しづらくなるしくみ。犬になるべく負担をかけずコントロールできる。

 
ベスト一体型ハーネス

体を覆うコンパクトなベストがついたタイプ。ウェア一体型とは別。犬が後ろに下がると抜けることがあるので、首輪や補助グッズを併用すると安心。

 
ステップインハーネス

犬の前足を入れ、背中のバックルを留めて装着するタイプ。素材はナイロン製やコットン製が多い。

 

リードの種類と使い方を知りたい

番外編として、リードも紹介しよう。ナイロン製は最も使い勝手が良く、使用者が多い。皮製はケアの手間があるが、使い心地が支持されている。

リードは伸縮タイプやロングタイプもある。
普段の散歩用に使う短いリードの他に、ロングリードと伸縮リードがある。ロングリードは数m~20mほどの長さがあり、平打ち(平たいひも)とロープ(丸いひも)の2種類がある。伸縮リードは3~10mほどの長さがあり、自動で伸び縮みする。テープ(平打ち)とコード(細い丸ひも)の2種類がある。ロングリードと違って余った分がリード本体に収納されるので便利。互いの安全のため、呼び戻しと引っ張らずに歩く練習をしてから使おう。

 
素材はナイロン製か皮製がおすすめ
リードの素材は好みにもよるが、ナイロン製が最も扱いやすい。最初からやわらかくしなやかで、汚れれば気軽に洗濯もできる。サイズや色も豊富なので選ぶ楽しみがある。革製は使ううちに手になじむので愛好家が多い。定期的にオイルを塗ったり、濡らさないように注意したりする必要がある。

 
リードの長さは使う目的に合わせて
普段の散歩に使う場合は、120㎝が使いやすい。トレーニングをする時は人も犬も多少動くので、少し長めの180㎝がおすすめ。リードの持ち方によっても使いやすい長さは変わるので、実際に使って
選ぼう。

 
形状は薄めの平打ちタイプがオススメ
犬のリードは薄めの「平打ち」タイプが安全で使いやすい。下記の持ち方をしていれば、犬が急に引っ張った時も止められる。束ねても薄いので、手が小さい女性でもOK。「ロープ」タイプは厚みがあるので握って持つしかない。散歩中ずっと握り締めているのは疲れる。力を緩めた時に犬が急に動けば、リードを離してしまう危険もある。

 
リードは親指に通して持つ方法が最も安全
リードを手にぐるぐる巻いて持っていると、犬への指示のコントロールもしづらい。首にかける持ち方は、犬が急に動いた時に外れてしまう可能性がある。正しい持ち方を覚えておこう。

 

1.リードの持ち手の親指にかける。


2.長さを調整するため、短くしたい位置で人差し指にかける。


3.たるんでいるところを2つに折る。


4.そのまま束ねて持つ。

 
リードは両手持ちと片手持ちを使い分ける。
犬の体重やその場の状況に応じて、片手持ちと両手持ちを使い分けよう。金具がついていて、たすぎがけにできるタイプもある。通常の散歩には不向きだが、手ぶらになる必要がある時に便利だ。


片手持ちの時は、上で紹介している1~4の手順通りにリードを握って持つのがおすすめ。


両手持ちの時は、上で紹介している1で終わり。もう一方の手は親指を犬の方に向けて持つ。


長さを変えてたすきがけできるタイプは両手が空くので便利。しかし、犬の管理はほぼできないので注意。

 

首輪とハーネス、どちらかを使えればOK?

今はハーネスだけど首輪にしたいと思った場合、変えることはそれほど難しくない。

逆に、首輪からハーネスに変えたいと思った場合は、やや難しいパターン。ハーネスは首輪に比べて体の接触面が多いので、付けると体のバランスが変わり、歩きづらさを感じる犬もいる。少しずつ慣らしてみよう。

首輪とハーネス、できれば両方使えるのが理想。トレーニングには首輪が向く場面も多い。ハーネスは老犬の歩行補助や介護に必要

いざという時のことを考えることが大切。首輪とハーネス、どちらもベストを見つけられれば安心だ。

 
 
コーギースタイル Vol.38『Q 力が強いコーギーは首輪とハーネスどっちがいい? A 正しい使い方で体のバランスを整えられればどっちでもOK!』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。