健康管理

2021/7/27

悪いことばかりでもない犬たちの噛む行動。愛犬に合う噛みオモチャの選び方

犬に多い悩みといえば、噛みぐせ! 人を傷つける行為はもちろんダメだけれど「噛む」こと自体は犬にとって大切なこと。正しい遊び方を知って、犬の本能に寄り添おう!   目次 1.「噛む」ことは犬の本能 2.犬種によって違う下顎骨の構造 3.噛むメリット 4.アゴが発達していない犬も増えている!? 5.愛犬に合う噛みオモチャを探す 6.オモチャ選び まとめ   犬種によって違う下顎骨の構造 日本犬は臼歯に力がかかる 英国リンカーン大学のミルズ博士が犬の下顎骨の構造を調べたところ、犬種によってさ ...

2021/7/21

みんなどんなものを食べている?正しいドッグフードの選び方は?

健康が声高に叫ばれている昨今、犬だって例外ではない。食事に気をつけることこそ、健康で長生きする秘訣。正しい知識を学んでいこう。 目次 1.ドッグフード用語辞典 2.ドッグフードの種類 3.ドッグフードの買い方と保存方法のコツ 4.食事を与える回数と時間は? 5.ドッグフードの適量は? 6.ドッグフードの与え方の注意点 7.ドッグフードの疑問 8.愛犬の状態を充分に観察して   ドッグフード用語辞典 1.総合栄養食 毎日の主要な食事として与えることを目的としたペットフード。そのフードと新鮮な水だけ ...

2021/7/21

もう酔わない!車酔いをする犬は過去のトラウマが原因かも……!

車酔いするのは体質のせいもあるけれど、酔った経験が乗車に対する苦手意識を引き起こして酔うケースも。車酔いを改善して、楽しくドライブする方法はないのだろうか。 目次 1. 個体差が大きい犬の車酔い 2.よく見られる酔いのサイン 3.犬が酔うしくみ 4.車に対するマイナスイメージで酔う 5.ドライブ前にできる車酔い対策 6.犬の酔いQ&A 7.車内環境や運転を見直そう 8.犬の酔い止め まとめ   個体差が大きい犬の車酔い 車酔いを経験している犬は少なくない。もちろん、時間がたてば治るものだ ...

2021/7/12

『こんなはずじゃなかった!』犬が選択ミスする理由・失敗させない対策は?

犬も選択ミスすることは少なくない。ちょっとドジ、だから愛しい。今回は犬のミスの理由やミスによる危険について考えてみた。 目次 1.犬はどうやって行動を選択する? 2.犬に選択ミスをさせないためには? 3.犬が選択ミスをしやすいのはどんなとき? 4.選択ミスでどんな怪我やトラブルが起こる? 5.犬がどんなミスをしたら危険信号? 6.犬の失敗は気づかないフリが基本   犬はどうやって行動を選択する? 基本的に犬は本能的な判断と、自分の経験による判断を合わせて選択する。たとえば幅の広い川を渡らないとか ...

2021/7/8

その量、食べ方、回数は本当に正しい?犬が気をつけるべき食事のルール

食事内容や量、食器、食べるときのシチュエーションなど、食事にまつわる素朴な疑問を解決しよう。 目次 1.犬の食について 2.犬の食事Q&A 3.犬の食事チェックは健康にも役立つ!?   犬の食について ■味覚は人間並み! 犬は味覚を人と同様に感じることができ、嗅覚と合わせて食べ物を判断する。トッピングやオヤツなどで濃い味を覚えると、その後も濃い味のものを求めるようになり、処方食への切り替えなどが難しくなるので注意が必要。 ■食道は太く柔軟だが詰まりやすい箇所も 犬は肉食系雑食動物なので、 ...

2021/7/7

そうめん、すいか、アイスetc……夏の食事の注意点と犬用かき氷レシピ!

暑くて食欲が落ちたり、イベントごとで食べて夏太りしたり……。夏は食欲が安定しない時期。体調維持のためにも健全な食事はとても大事なのです。   目次 1.夏の食事の注意 2.犬だってかき氷が食べたい!  2-1 ヨーグルトアイス氷  2-2 バナナチーズ氷  2-3 レバー白玉氷  2-4 ごちそう氷  2-5 あずきミルク氷 3.夏の食材は食事の10%以内に   犬だってかき氷が食べたい! 人間がかき氷を食べていると欲しがりますよね、柴 ...

2021/7/5

飼い主ならば知っておきたい!夏に出会う危険な生き物~散歩道・応急処置編~

目次 1.散歩道で出会う危険な生き物 2.その他の危険な生物 3.オススメの応急処置グッズ 4.落ちて衰弱&死んでいる鳥には近づかないで   その他の危険な生物 爪、牙、角で攻撃されたらアウト 猪・熊・鹿・猿 熊に限らず野生動物の爪、牙、角で攻撃されると命を落とす可能性が。山に入る時には絶対にリードを放さず愛犬の安全を確保して。   タヌキ以上に獰猛。攻撃に注意 アライグマ あるアニメの影響でペットとして日本に持ち込まれたアライグマだが、回虫、狂犬病、レプトスピラ症などの人畜共通感染症 ...

2021/7/4

長寿が多い日本犬だからこそ知っておこう!認知症の特徴、症状、原因

日本犬に多いといわれる認知症(高齢性認知機能不全)。でも「まだうちの子は若いから関係ない」と思っていないだろうか。他の病気と同様に認知症も早めの予防が大切。そして、それには脳への刺激がよく効くんだとか。   目次 1.認知症について正しく知ろう! 2.認知症の原因 3.認知症の症状 4.認知症発見のための自己チェック   認知症の原因 では、犬の認知症の原因にはどんなことがあるのだろうか。人ほどには解明されていないけれど、認知症の犬の脳で、どんなことが起こっているのか、研究が進められて ...

2021/6/24

気がついたら愛犬の歯がすり減っていた!飼い主が知っておくべき咬耗のこと

歯の病気と言えば歯周病を真っ先に思い浮かべる人もいるだろう。しかし、硬い物を噛んだり、ぶつけたりして歯を折る(=破折)ケースや、いつの間にか歯がすり減っている(=咬耗)ことも多いもの。今回は「咬耗」のことを詳しく紹介しよう。   目次 1.咬耗(こうもう)とは 2.歯がすり減る原因は? 3.治療が必要な咬耗 4.露髄するとこんなことが起こる! 5.咬耗の検査や治療方法について 6.咬耗の治療内容 7.露髄のチェックリスト 8.皮膚疾患を持っている犬も注意が必要! 9.歯に安全なオヤツの硬さは? ...

2021/6/24

柴犬の感情は耳で分かる? 動きで分かる犬の気持ちと病気を解説!

凛々しさの象徴である、ピンと立った柴犬の耳。じっくり観察すると、倒れたり開いたり反ったり、驚くほどよく動く。耳は単なる象徴ではなく、感情表現と情報収集のための重要な器官であり、病気の前兆も現れるという。本特集では耳の動きについて解説! 目次 1.耳の動きと感情の一覧 2.耳で病気の早期発見! 3.耳の病気一覧 4.柴犬は耳の病気が多い犬 5.耳の不思議に迫る   耳で病気の早期発見! 耳が痛い時や気になる時に片耳だけ横に倒すことがあるが、病気が原因で後ろに倒すことはない。 重度の場合は頭も傾ける ...

2021/6/24

食べたり触ったりすると危険! 犬の日常生活に潜む危険な植物

犬が食べたり、触ると危険な植物図鑑を制作してみた。愛犬を守るために読んでおこう! 目次 1.犬はなぜ草を食べる? 2.犬が好んで食べる植物 3.根にはご用心! 4.ノギは犬の大敵 5.ダニが潜むイネ科植物 6.犬のアレルギーの原因になる植物 7.中毒がある植物が多い科 8.犬の中毒の原因になる植物一覧 9.皮膚トラブルの原因になる植物一覧 10.猛毒を持つ植物一覧 11.除草剤や農薬が付着した草にも注意!   犬はなぜ草を食べる? 犬って草をむしゃむしゃ、よく食べる。その必死な姿を見て、何がそう ...

2021/6/14

賞味期限はいつ?ダメな薬の飲ませ方は?犬の投薬 なるほどQ&A

犬の投薬時に疑問に思うこと、飼い主がついやりがちなことなどについて分かりやすく回答。これを読めば、正しく、賢く薬を使いこなせるようになるはず!  

2021/6/10

【超高齢化社会!】犬界の老犬事情とは?老化に伴って起こる問題のサイン

人間界でも高齢化社会だということが話題になっているが、犬界でも同じようなことが起こっているようだ。そして愛犬がいつまでも元気に幸せな老犬生活を送るためには飼い主はどんなことに気をつけたらいいのだろうか。 目次 1.犬の年のとり方 2.犬の老化とは? 3.加齢に伴って起こる問題のサインとは  3-1 消化器系のサイン  3-2 歯にかかわるサイン  3-3 心臓のサイン  3-4 腎臓系のサイン  3-5 骨関節系のサイン  3-6 感覚器系のサイン  3-7 生殖器系のサイン  3-8 内分泌系のサイン ...

2021/6/8

つかず離れずのじれったさがいい!『柴距離』を極める!

柴犬ファンが好む「柴距離」とは、柴犬が飼い主ととる距離のこと。確かに日本犬はべったりじゃない……!距離をとる秘密とは? 心地いい距離とは? そんな問題にギュッと近づいてみた! 目次 1.なぜ距離をとる?考えられる3つの理由 2.“柴距離”ができるまで 3.“柴距離”を詰めるとどうなる!? 4.柴犬の開けるべき距離&詰めるべき距離 5.柴距離を制す3ヵ条   なぜ距離をとる?考えられる3つの理由 1.日本犬は比較的警戒心が高めの犬種だから 初見の人や物に対して、警戒心を抱く傾向がある。「一 ...

2021/6/8

【正しい歯みがき】いつだってピカピカの歯になりたい!裏側の磨き方、頻度は?

日頃から愛犬の歯みがきをやっているつもりだけど、ちゃんとできているのか不安……という飼い主さんも多いようだ。正しい歯みがきについてしっかり学んでおこう。   目次 1.きれいな歯を保つために歯みがきは大切 2.犬の歯みがきテク 3.犬の歯みがき Q&A 4.無理せず犬の歯みがきを習慣に   犬の歯みがきテク 歯石の原因となる歯垢を落とすためには、どのように歯みがきをすればいいのか。理想的な歯みがきの方法を紹介しよう。できる範囲でかまわないので、心がけてみよう!   ■基本の磨 ...

2021/6/1

【全力アウトドア!】愛犬とジョギングをするコツやマナー、注意点は?

一見簡単そうなジョギング。しかし、愛犬と一緒にジョギングを安全に楽しむためにはコツが必要なのだ。そのコツをつかんで、颯爽と走るランナーを目指そう。   目次 1.愛犬とジョギングをするメリット 2.愛犬と一緒に走るジョギング・テクとは 3.犬のジョギングマナー 4.ジョギングの注意点 5.ルールとマナーを守って愛犬とレッツ・ラン!   愛犬と一緒に走るジョギング・テクとは ジョギングは無理に毎日実行しなくてもいい。週に2~3日、あるいは週末だけでも十分だ。家の近所でもいいが、河川敷や浜 ...

2021/5/28

丸呑みする食べ方に原因あり!?柴犬の「吐く」理由、消化のしくみ

「なぜ犬は吐きやすいの?」「吐くって犬にとって危険なこと?」など多くの謎がある犬の「吐く」という行為。本特集では、犬の「吐く」について探っていく。   目次 1.消化のしくみと吐く理由 2.犬の胃と消化の流れ 3.日本犬は吐きやすい犬種? 4.草を食べて吐く理由 5.誤食で吐く場合 6.ストレスで吐くことはある? 7.日本犬がストレスを感じる時は? 8.車にのせると吐く理由 9.嘔吐物を触ることで病気に感染?   消化のしくみと吐く理由   吐く理由 ◇消化しきれずに吐く ◇ ...

2021/5/27

いきすぎた健康法は要注意!愛犬の過剰な行動、足りない行動の疑問

動物は生きるために本能や学習で知恵を身につけている。しかし、結果的に健康法に繋がっていることもあるが過剰に続く場合は注意が必要らしい。小さなサインを見逃さないために、愛犬の不調を見分ける方法を知っておこう。   目次 1.これも犬の健康法? 2.注意すべき不健康な行動は? 3.現代犬に足りない健康法 4.犬の健康法 まとめ   注意すべき不健康な行動は? 人の手の代わりに、犬は口を使う。傷を舐めたり気になるところを毛繕いしたり、器用にセルフケアをしている。これらは健康に役立っているのだ ...

2021/5/24

犬のおならは健康のバロメーター?頻度・ニオイ・音から分かる病気のこと

「ぷっ!」という音が、愛犬がいる位置から聞こえてきて、思わず「ふふふっ」と笑ってしまった経験を持つ飼い主も多いのでは。そんなオナラが知らせてくれる体調の変化もあるらしい。いったいどんなオナラをすると、体調不良が考えられるのだろうか、探ってゆこう。 目次 1.オナラのしくみ 2.オナラのニオイ 3.オナラの回数 4.オナラの音 5.その他 6.オナラから分かる?いろいろな病気  6-1 消化不良・吸収不良  6-2 食事性アレルギー  6-3 腸内寄生虫  6-4 大腸炎  6-4 その他 7.オナラは診断 ...

2021/5/21

プードルに多い病気を早期発見!各部位の健康状態・症状をチェック

愛犬にいつも元気でいてほしいとは、どの飼い主も願うことだ。プードルに限らず、純血種の犬には、その犬種がかかりやすい病気というものがある。病気を早期発見するためにも、普段から愛犬の状態をチェックしておくようにしたい。今回ご紹介する症状のようなことがあったら、体のどこかに何か問題があるかも。チェックしてみよう。 目次 1.こんな症状の時はすぐに動物病院へ 2.各部位の健康をチェック! 3.異常を早期発見するためには   こんな症状の時はすぐに動物病院へ □よく吐く 1回吐いてその後、元気にしているな ...

2021/5/17

【早期発見・早期治療】シニア犬の聞くべき&やるべき 健康チェック!

シニア犬になると、足腰が衰えたり、病気にかかりやすくなってくる。まだ元気だからと過信せず、病気の早期発見のためにも、日頃から健康チェックを行おう! 目次 1.シニア犬になるとかかりやすい病気 2.触診 3.目の検査 4.耳の検査 5.肥満度チェックもしっかりと 6.異常を見つけるためにさらに詳しく検査を! 7.シニア犬の健康を守るQ&Aコーナー   シニア犬になるとかかりやすい病気 シニア犬がかかりやすい病気をご紹介。なにか病気のサインがないか、日頃から愛犬の様子を念入りに観察しておこう ...

2021/5/14

「走る」「掘る」「かく」……だけではない日本犬の足事情を徹底調査!

犬の足、ただおっさんのように腹をかいたり、オヤツをねだったり、歩いたり、走ったりするだけだと思ったら大間違い。あなたの知らない世界がそこにある!?   目次 1.足のハテナにズバッと回答! 1-1 足を触られるとなぜ嫌がるの? 1-2 排泄後に地面を蹴るのはなぜ? 1-3 前足と後ろ足で役割は違うの? 1-4 前足をよく使うのは賢いから? 1-5 後ろ足を伸ばして寝ないのはなぜ? 1-6 足の太さは運動量と関係ある? 1-7 マーキング時の高さで違いは?  

2021/5/14

犬のオナラに関する素朴な疑問。ニオイから考える健康管理の見直し!

誰でもどんな動物でもしてしまうもの。それが、オナラ。ちょっと恥ずかしい生理現象だが、そんなオナラが知らせてくれる体調の変化もあるらしい。果たしてオナラから健康管理の見直しが必要かどうかを、確認できるのだろうか?悪玉菌に注目せよ! 目次 1.オナラに関するソボクな疑問 2.オナラが臭いのは悪玉菌が原因? 3.食事の見直し 4.精神面の見直し 5.オナラは暮らしを語る?   オナラに関するソボクな疑問 Q.犬はオナラを意識的にするの? 犬は意識的にオナラはしない。あくまで自然発生なので気がついていな ...

シニア犬との暮らし方

2021/5/10

【目指せ!キラキラシニアライフ】シニア犬との生活&ケア 7つのポイント

シニア世代になると、老化や病気の可能性が増えてくる。しかし予防や対処を行うことで、犬の暮らしの快適さは大きく変わる。シニア犬の生活やケアのポイントを紹介。 目次 1.甲状腺機能減退症チェック 2.「年だから仕方ない」は× 3.後ろ足の機能チェック 4.シニア犬の生活&ケアのポイント   甲状腺機能減退症チェック □ 太り気味 □ 毛艶が悪い、毛が硬い □ 被毛がはげている部分がある □ 被毛が生え変わらない □ 毛を剃った後、なかなか生えない □ 日頃から活発さがない □ 人や同居動物と ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD