ケア

2020/12/23

地味だけど意外と頑張っている犬の肉球。その奮闘振りを徹底追求!

  目次 1.肉球はクツの役割をしている? 2.靴下や靴は履くべき? 3.犬の肉球 まとめ   靴下や靴は履くべき? 肉球を危険物や熱くなったアスファルトから守るために、靴や靴下を履かせたほうがいい、と考える飼い主さんも少なくないかもしれないが、それはあまりオススメはできない。 丈夫な肉球が育たなくなってしまうからだ。 素足で散歩させることによって、肉球は鍛えられていく。 靴を履かせていると逆に、肉球が切れやすくなったり、関節まで弱まってしまう可能性もある。異常がないかを気をつけながら ...

2020/12/3

年代別でみる!チワワへの良いストレスの与え方~子犬編~

「ストレスは減らすべき」と思いがちだが、実は良い刺激として与えれば生きがいにもつながる。活動性や能力の高いチワワに適した刺激とは?子犬から老犬までの年代別に、良いストレスの与え方や注意などを紹介しよう。   目次 1.適度な刺激が生活を豊かにする 2.良いストレスの効果 3.犬のストレスの見分け方 4.子犬への良いストレスの与え方  4-1 社会化期  4-2 少年期  4-3 青年期  4-4 落ち着いて社会化を進める   良いストレスの効果 ...

2020/11/28

柴犬の抜け毛を100%退治!嫌がらないブラッシングのコツとブラシの選び方

お宅の愛犬はブラッシングを嫌がっていませんか?ブラッシングを正しく、効果的に、そしてなにより愛犬が「楽しいこと」と思えるようにしたい。そんなブラッシングのノウハウ、教えます。   目次 1.ブラッシング前の準備 2.ブラシの選び方  2-1 ピンブラシ  2-2 獣毛ブラシ  2-3 ラバーブラシ  2-4 スリッカー  2-5 コーム  2-6 ファーミネーター 3.ブラッシングの方法 4.終了の目安と終わらせ方 5.まとめ &nbs ...

2020/9/28

犬のマッサージ天国!隣のお宅のモミモミテクニックを盗め!

いつも何気なくしている、愛犬を撫でるという行為。犬が気持ちいいのはもちろんのこと、スキンシップにもなって楽しいし、ある日撫で方を変えてみると、犬がもっと気持ちよさそうにいていたりと、よくよく考えてみると奥が深そう。   目次 1.犬へのマッサージの基本 2.犬へのマッサージの効能 3.マッサージの注意点 4.嫌がるようならすぐやめよう   犬へのマッサージの効能   ■首 頭蓋骨と首の間にある左右の首にあるのが、風池というツボ。風邪の引き始めにマッサージすると、悪化を予防する ...

2020/8/19

よそ様にはふるのになぜ?ワタシにも振ってほしいな、そのシッポ!

  目次 1.シッポの謎 2.嬉しい時のシッポは右に振る? 3.シッポをチェックして健康管理をしよう 4.シッポの正しいケア方法は?   5.柴犬の繊細なシッポ。ケガに注意! 6.シッポの可能性はまだ広がりそう!?   嬉しい時のシッポは右に振る? イタリアの脳神経専門医や獣医師などの学習グループが、犬のシッポの振り方の実験をしたところ、好ましい人や物に対しては(自分の)右側にシッポを振り、逆に好ましくない場合には左側に振るという実験結果が出たそう。 これは脳の機能によるもので、左脳は ...

2020/8/6

早期発見・治療で被毛を守る!プードルの毛に関する病気や不調

被毛トラブルは、ある程度進行してから飼い主が気づくことが多い。早期発見早期治療を目指すため、プードルの毛に関する病気や不調を知っておこう。   目次 1.クッシング症候群 2.性ホルモンのトラブル 3.甲状腺機能低下症 4.アロペシアx 5.脂腺炎 6.涙やけ、口まわりやけ、足先やけ 7.血流の悪化 8.老化 9.日焼け 10.蒸れ 11.要注意なカットスタイル 12.プードルは特にデリケート   性ホルモンのトラブル 女性ホルモンが出すぎて被毛に影響 主な症状: オス限定で、おっぱい ...

2020/6/2

柴犬は緑内障になりやすい? 日本犬の“奥目”に合った正しいケアを考える!

日本犬のチェームポイントのひとつである。つぶらな眼は、ちょっぴり奥まった構造であるがゆえに眼科の先生泣かせである。困ったことに緑内障になりやすい傾向にあるとか。いつでもよく見えるよう、キラキラと輝かせてあげられるよう、緑内障をはじめとする病気の知識や日頃のケアについて、知っておこう。   目次 1.奥目のメリットとデメリット 2.愛犬のこんな症状に注意 3.緑内障 4.白内障 5.ドライアイや角膜腫瘍 6.点眼薬の差しかた 7.日常のケア・チェック方法 8.春から夏にかけての注意点 9.日頃から ...

2020/5/18

一生お世話になるから知っておきたい。トリミングサロンってどんなところ?

いろいろなカットを楽しめるのはプードルの魅力のひとつ。それだけにトリミングサロンにお世話になる機会は多いもの。プードルを初めて迎えた人も、ずっと飼っている人もトリミングサロンについて改めて知っておこう。   目次 1.トリミングサロンでできること 2.サロン選びのアドバイス 3.いざトリミングサロンへ! 4.気になる事やイメージの相談をよくしよう 5.安全にスムーズに愛犬をサロンに預けるには?   サロン選びのアドバイス ネットで検索するだけでも、たくさんのトリミングサロンのHPが出て ...

2020/5/15

【正しい歯みがき】いつだってピカピカの歯になりたい!裏側の磨き方、頻度は?

日頃から愛犬の歯みがきをやっているつもりだけど、ちゃんとできているのか不安……という飼い主さんも多いようだ。正しい歯みがきについてしっかり学んでおこう。   目次 1.きれいな歯を保つために歯みがきは大切 2.犬の歯みがきテク 3.犬の歯みがき Q&A 4.無理せず犬の歯みがきを習慣に   犬の歯みがきテク 歯石の原因となる歯垢を落とすためには、どのように歯みがきをすればいいのか。理想的な歯みがきの方法を紹介しよう。できる範囲でかまわないので、心がけてみよう!   ■基本の磨 ...

2020/6/6

よく聞くお悩みNO.1!日本犬のヒフを知る~基本編~

皮膚疾患で悩むことが多いと言われる日本犬。直接痒み・痛みを知ることができない分、戸惑うことも多いけれど、基礎知識と対応策を知っておけば、未然に防いだり、つらい思いをさせずに済むことも。さあ、皮膚科の世界へようこそ!   目次 1.近年になって増加の傾向も 2.犬の皮膚はデリケート! 3.犬種によっても肌質が違う 4.被毛があるからこそ傷つきやすい 5.知っておきたい皮膚の病気 6.こんな症状にも注意! 7.診察する際の注意点 8.どんな治療をするの? 9.家庭でできるスキンケア 10.シャンプー ...

2020/5/11

ペチャの魅力部位を健康に! デリケートな皮膚の特徴と起きやすいトラブル

犬はふかふかの毛皮をまとって寒さに強いイメージだが、短毛のペチャは、他の犬に比べると被毛の中の空気が逃げやすく、保温効果は低い。脂肪はついているが寒さに弱く、そのため対策が必要になる。   目次 1.ペチャの皮膚の特徴 2.よくあるペチャの被毛トラブル 3.お手入れで体を触ることは様々なことにも役立つ   ペチャの皮膚の特徴 ■短毛 柴犬などはダブルコートというアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)の二重構造の被毛を持ち、ここに空気を含むことで寒さから身を守る。しかしペチャは下 ...

2020/5/11

ペチャの魅力部位を健康に! デリケートな眼の特徴と起きやすいトラブル

少女漫画の主人公のよう大きく愛らしく、涙でうるうる。やや前につき出すようなどんぐり眼は、いかにもよく見えそうだ。人の話を聞く時はじっと見つめてくるが、実際視力はいいのだろうか。目の特性やトラブルについて探ろう。   目次 1.ペチャの眼の特性 2.眼の形 3.よくある眼のトラブル   ペチャの眼の特性 ■得意 視野は狭く視力は悪いが動体視力はいい。これはペチャが特別ではなく、一般的に犬の動体視力は優れている。 また光を感知する力は高く、暗闇でもよく見えるのも犬の特徴だ。 ちなみに好奇心 ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD