犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

柴犬にとって理想の生活とは?愛犬との1日の過ごし方Q&A!

2018/06/26

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

いつ起きて、いつ散歩に行って、どんな風に遊んでる? 同じように見えて全然違う、それぞれの暮らしぶり。柴犬にとってどんな1日が理想なのか、気になる疑問にお答えします。
 

柴犬の生活Q&A

Q.1日の動きがルーティンワークになることでメリットはありますか?
A.人間ならば予定が立ちやすい、などのメリットがあるかもしれませんが、犬にとってはメリットがあるとは思いません。むしろデメリットの方が多いと思います。ルーティンワークが続けば、犬の先読み行動につながる可能性があります。それが要求につながっていくわけです。主張の激しい性格の子ならば、自分の願いが聞き入れられるまで吠えたりすることも。そうなると飼い主さんのリーダーシップも失われます。

 
Q.散歩やゴハンのおねだりがカワイイです。おねだりを聞くのは絶対NGですか?
A.ご家庭でのルールもあると思うので一概には言い切れません。例えば、そろそろ散歩に行きたいなと思った犬がチラチラとリードを見ている。でも飼い主さんが動かないので諦めてフセしてしまった、というならば、飼い主さんの意思に従っているので問題はありません。「かわいいおねだり」といえるでしょう。しかし、それが吠えにつながるならば少々問題です。だんだんエスカレートしていく可能性もあります。

 
Q.日本犬がルーティンワーク化しがちな行動はありますか?
A.やはり散歩と食事が多いようです。日本犬に限らず、どの犬種でもこの2点はありがちです。けれど個体差があるので、例えば「この時間にはママとイチャイチャしなくては気が済まない」という子もいますし、「この時間は絶対にママとボール遊びをしてもらうんだ」とスキンシップや遊びをルーティンワークにする子もいます。最近ではフレンドリーな柴犬も増えてきたので、スキンシップを求める犬も多いですね。

 
Q.犬がひとりで遊んでいたり、ひとりで寝ている時間は尊重した方がいいですか?
ひとりで落ち着いて過ごせることは、とてもすばらしいことです。そのまま堪能させてあげてください。最近では少なくなりましたが、日本犬には過剰なベタベタを嫌がるクールな性格の子もいます。もし、飼い主さんが愛犬と遊びたいならば、ひとり遊びを堪能している時間よりも、飼い主さんの誘いを絶対断らないであろう「犬がなんとなく暇そうにしている時」を狙いましょう。飼い主さん主導で遊びが始められます。

 
Q.深夜の散歩など、オススメしない1日の行動はありますか?
A.パターン化にならなければ、絶対にNGというものはありません。そのお宅でのルールもあると思いますから。共働きのお宅ならどうしても散歩は夜になってしまうでしょうし、夏は夜でないと犬が参ってしまいます。何度も言っているように、散歩や食事、スキンシップ、しつけなど、犬が健康に楽しく暮らすために「飼い主さんがやるべきこと」ができているならば、問題ないと思います。

 
Q.平日の散歩はどうしても短くなります。休日で挽回すれば大丈夫ですか?
A.問題ないと思います。平日に遊べない分、休日にたっぷり体力発散させてあげてください。ただし、いくら時間がないからといって、平日5日間まったく散歩に行かない、行っても10分程度しか取れないというなら、日本犬の飼い主としては問題でしょう。自分たちがそういったライフスタイルだとわかっているなら、最初に犬を迎える段階で無理に日本犬を選ばず、犬種を再考した方がいいと思います。

 
Q.休日に愛犬と過ごせないこともあります。問題が発生しますか?
A.犬と関係ができているのならば、問題ないと思います。ただ、平日の散歩はほとんど行けず、休日も相手ができないというならば、やはり犬との生活自体を考え直した方がいいと思います。

 

時間がずれることで犬が不信感を持つことはない


 
ルーティンワークを作らないように散歩やゴハンの時間を変えることで、犬は不安になったり、不信感を持つようには思えません。もしかしたら、今までずっとルーティンワークで動いていたとしたら、しばらくは吠えて要求行動などが強くなるかもしれません。それは無視しましょう。たとえ時間は変わっても、いつかは散歩に連れて行ってくれるんだ、ゴハンはきちんと出てくるんだということがわかれば、犬は次第に落ち着きます。

この時、犬が吠えている時に「仕方ないなあ」と散歩に行ってしまうのはNG。吠えたから散歩に行けたと学習してしまう可能性が高いです。犬が落ち着いている時に「じゃあ散歩に行こうか!」と誘うようにしましょう。そうすれば、「ボクが吠えずに落ち着いている時の方が散歩に連れて行ってくれるじゃないか」と学習していきます。これを繰り返していけば、散歩の時間がずれても問題ありません。

また、平日と土日で動きの違うご家庭も多いですが、犬はそれも特に問題にしていないです。休日が分かるのは、飼い主さんのどこかしら緩んだ雰囲気を感じ取っているのかもしれません。
 
 
関連記事:柴犬と人の生活リズム。環境のストレスを受けやすい犬の性格、性別は?
 
shi‐Ba vol.79『柴犬の1日を再現でプレイバック!!柴犬密着24時』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。