ケガ

2022/3/18

見ているだけじゃもったいない!大好きだから知っておきたい柴犬の尻雑学

大好きだけどよく知らない。まるで片思い中の学生のような切ない思いをしなくて済むように、しっかり知識を身につけよう。 目次 1.THE 尻雑学 2.シッポを振るようになるゲームがある!?   THE 尻雑学 1 犬のシッポの骨は何本? 大半のほ乳類の首の骨は7本、人間もキリンも同じ数だ。動物のシッポの骨の数も同じなのだろうか? 犬のシッポには、小さい骨が約20個集まっている。数は種だけでなく、個体差にもよる。 力強く見えるが、細かい骨で形成されているため、強く踏まれたり引っ張られたりした時の衝撃に ...

2022/3/4

地味だけど意外と頑張っている犬の肉球。その奮闘振りを徹底追求!

目次 1.肉球はクツの役割をしている? 2.靴下や靴は履くべき? 3.犬の肉球 まとめ   肉球はクツの役割をしている? 人にはなくて犬や猫にはある肉球は、一体どんな役割を担っているのだろうか。 犬の足の裏は、骨と皮膚の距離が違い。そうすると痛みを感じやすくなる。これをやわらげるために肉球が発達したと考えられている。 肉球があることで、石や枝などが直接足の裏の皮膚に当たることがなくなり、外傷から守ってくれる。また、クッションの役割を担っていたり、滑り止めの効果もある。言わば、人間が履く靴のような ...

2022/2/2

【外傷・ヤケド・骨折】愛犬の命を救う。もしもの時の応急処置講座

毎日平穏に暮らしていても、いつどこで愛犬が重大なトラブルに見舞われるかわからない。いざという時、飼い主が行ったほうがよい応急処置について、症状別に詳しく解説! 目次 1.応急処置で命が助かることも 2.準備したいもの 3.日頃からのチェック 4.抱き方・寝かせ方 5.噛まれるのを防ぐ 6.外傷、ヤケド、骨折  6‐1 外傷・出血  6‐2 ヤケド  6‐3 骨折 7.目に異物が入った、目に傷がついた   応急処置で命が助かることも もしも愛犬が交通事故に遭った、高いところから落下した、異物を喉に ...

2022/1/26

柴犬はオーバーリアクション!? 叫び声に込められた本当の意味とは?

足を踏まれた、動物病院に行きたくない、大好きな肉を見せられ大興奮……時に激しく、時に切なく、巷の柴犬たちは、さまざまな理由で叫んでいる。はたして、その悲鳴の理由とは……?   目次 1.犬の悲鳴にはさまざまな意味がある? 2.「痛くない」「嬉しい」と日本犬は無言で訴える 3.目指せ、ポジティブな悲鳴をあげる日本犬!   「痛くない」「嬉しい」と日本犬は無言で訴える 足をケガしていても散歩に行きたがる犬がいる。足を引きずって歩く姿は痛そうに見えるが、犬は『イタタタ、でも歩こう』くらいの気 ...

2022/1/21

状況別に見る興奮行動と予防策。柴犬パニックで飼い主パニック!

犬が散歩中に狂ったように吠えたり、ふとしたきっかけで噛みついたりする、いわゆるパニックの状態になれば、飼い主さんや周囲にトラブルが及び、犬の心身にも負担がかかることは必至! 原因を知り、予防しよう! 目次 1.室内でのパニック  1-1 花火の音でパニック!  1-2 地震でパニック  1-3 普段と違うお父さんでパニック  1-4 外の不審音でパニック  1-5 飼い主のパニックにパニック 2.外でのパニック  2-1 不振な人にパニック  2-2 苦手な犬にパニック  2-3 バイクや車にパニック   ...

2021/12/2

犬の医療費が高いのはナゼ?いまさら聞けない動物病院の費用を徹底調査!

今回は、みなさんが気になる犬の医療費についてじっくり考察。もやもやした疑問に答えていく。   目次 1.聞きづらい医療費について聞いてみた! 2.医療費などの値段について 3.医療費にナットク!Q&A 4.信頼関係を築けるかかりつけの動物病院を探そう   医療費などの値段について 編集部周辺の飼い主に医療費について徹底リサーチし、平均値を出してみた。実際は、動物病院ごとに異なることもあるので、参考程度に頭に入れておいてほしい。 診療・入院・治療 初診料 1,000円 再診料 500円 ...

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

2021/11/17

愛犬の命を守るためにも学んでおこう。犬の血液型と輸血の豆知識

さまざまな手術や病気などで、愛犬に輸血が必要となる場合も少なくない。輸血の際に必要となる血液はどのように集められているのか。いざという時のためにも詳しく知っておこう。 目次 1.血液の役割 2.犬の血液型判定法 3.輸血が必要な犬の病気 4.血液の採取 5.輸血のリスク 6.犬の輸血 まとめ   血液の役割 人間でも犬でも、血液は全身を巡っている。血液は生命を維持するために欠かせない多くの役割を担っている。それだけにとても重要なものだ。 血液が造られるのは、骨の中心部にある骨髄という組織。骨髄で ...

2021/11/17

【柴犬ストー部はじめました!】暖房器具で起こるリスクと安全な使い方

この時期、犬も大好きな暖房器具たち。暖かくて心地よい反面、やけどや一酸化炭素中毒などのリスクも。そうならないためにも、安全・快適に暖をとるための方法を考えてみよう。 目次 1.暖房で起こるリスクを知ろう 2.ストーブの種類とリスク 3.犬のやけど・低温やけど 4.感電 5.一酸化炭素中毒 6.使い分け&危険防止で安心快適ストーブ生活   暖房で起こるリスクを知ろう ストーブの前に陣取ってウトウトしている愛犬。気持ちよさそうだな~とほほえましく見守りつつ、気づけば毛がアツアツになっていて、 ...

2021/11/1

【雑学からケアまで検証】香ばしいニオイにハマる!The 肉球マニア

人類は見慣れない足跡にはまず警戒したものだけど、犬の足跡を見ると長年のつき合いから、癒しや安心感を感じるもの。犬の足跡は=肉球の跡。この肉球、愛犬家からすればとにかくかわいいものだ。人間にはないし、プニプニしてザラザラ、そしてしっとり……。そのアンバランス感がとにかくたまらんのです! 今回はそんな肉球にまつわる話を紹介!   目次 1.まずは知って役立つ肉球雑学  1-1 動物の歩き方は3パターンに分かれる  1-2 肉球で足音を消して忍者歩き  1-3 歩く刺激によって肉球も強く育つ  1-4 ...

2021/10/19

ひとりの留守番は1日が限界……どうする長期不在。性格別・柴犬の預け方

自宅を長期間不在にしなければいけない時、しかも愛犬を連れて行けない時、どうする? 急な用事にあわてないために、愛犬の性格に合った預け方を確認しておこう。 目次 1.愛犬と各家庭に合った預け方 2.預け方チェック 3.どんな預け先でも必要なグッズ 4.預け先紹介 5.お世話係紹介 6.いざという時のためのトラブルシューティング   愛犬と各家庭に合った預け方 犬だけの留守番は、健康な成犬であっても半日程度にして、連日は避けたほうがいい。食事や排泄のことを考えると、1日以上家を空けるときは犬を預ける ...

2021/10/4

走りを極めて脱臼やストレスを防ぐ! プードル『全力ダッシュ』のポイント!

プードルは見かけやイメージとは違い、活動量は少なくない犬種。個体差もあるが、他の犬同様走る事は重要なはず。でも、走る際の注意点など分からないことが多い。そこで今回はプードルの「走る」について考えていこう。   目次 1.プードルにも運動は重要 2.走りの4つのポイント  2-1 2つの走り方を使い分ける  2-2 理想の運動量を知る  2-3 安全に走れる場所を選ぼう  2-4 走ることを好きにさせる方法は? 3.プードルスタイルの走り一問一答! 4.愛犬 ...

2021/9/28

社会化や事前の対策でより安全な暮らしを!柴犬パニックで飼い主パニック!

犬がパニックになれば、家族はもちろん、その場に居合わせた人や犬、また犬自身に危険が及ぶことも考えられる。パニックが起きる前のボディランゲージを学び危険を回避しよう。   目次 1.想定されるパニック時の危険 2.犬がパニックになる原因 3.犬からのストレスサイン 4.ストレスをなくすための行動 5.STOP!パニック!3つのポイント 6.トレーニングや社会化で犬と向き合うこと   犬がパニックになる原因 人間の場合、パニックといえば、動悸が激しくなったり、ふるえたりして日常生活に支障を ...

2021/9/17

チワワに骨折・脱臼が多いってホント?改めて知りたい関節・骨の病気

抱っこしている最中や高い場所から落ちた、足を滑らせたなどで、骨折したり関節を痛めてしまうケースがチワワには意外と多い。今回はチワワで気をつけておきたい骨と関節に関する病気について、詳しく紹介していこう。   目次 1.膝蓋骨内方脱臼 2.撓骨・尺骨の骨折 3.下顎の骨折 4.前十字靭帯断裂 5.レッグカルベペルテス病 6.環椎軸椎脱臼 7.その他の脱臼 8.その他の骨折 9.骨折・脱臼を予防するためにできること 10.骨折を起こしやすくなる病気もあるので注意   チワワにもっとも多いの ...

2021/9/14

【家の中にある危険スポット】元気なダックスにありがちな健康トラブル

うちの子は元気だから大丈夫! と油断しないで。実は元気だからこそ、危険な事故に直面する可能性もある。今回は元気なダックスにありがちな健康トラブルについてリサーチ。家の中を見渡して、危険度を徹底的にチェックして。 目次 1.家の中にも危険がいっぱい 2.食欲旺盛なダックスが多い誤食 3.こんな所にも危険が潜んでる! 4.その他の危険いろいろ 5.ダックスの健康トラブル まとめ   家の中にも危険がいっぱい ■フローリング フローリングなど滑りやすい床は犬にとって、とても危険。滑ったことが原因で椎間 ...

2021/9/3

足の衰えから愛犬の老化が進行する? ロコモを防ぐ環境の見直し対策!

犬の寿命が延びると共に注目されている「ロコモティブシンドローム」、通称「ロコモ」。生涯現役であってほしい愛犬のためにも運動器障害を差す、この症候群について学ぼう。   目次 1.寿命が延びたからこそ増えてきた犬の“ロコモ” 2.ロコモを引き起こす老化のサイン 3.実際は関係している3つのこと 4.寝たきりになる過程を知ろう 5.犬の体のバランス 6.環境の見直しも忘れずに   ロコモを引き起こす老化のサイン 老化のサインが見えたら早めのケアを。早期発見による対策がロコモを防ぐカギとなる ...

2021/7/12

『こんなはずじゃなかった!』犬が選択ミスする理由・失敗させない対策は?

犬も選択ミスすることは少なくない。ちょっとドジ、だから愛しい。今回は犬のミスの理由やミスによる危険について考えてみた。 目次 1.犬はどうやって行動を選択する? 2.犬に選択ミスをさせないためには? 3.犬が選択ミスをしやすいのはどんなとき? 4.選択ミスでどんな怪我やトラブルが起こる? 5.犬がどんなミスをしたら危険信号? 6.犬の失敗は気づかないフリが基本   犬はどうやって行動を選択する? 基本的に犬は本能的な判断と、自分の経験による判断を合わせて選択する。たとえば幅の広い川を渡らないとか ...

2021/6/24

気がついたら愛犬の歯がすり減っていた!飼い主が知っておくべき咬耗のこと

歯の病気と言えば歯周病を真っ先に思い浮かべる人もいるだろう。しかし、硬い物を噛んだり、ぶつけたりして歯を折る(=破折)ケースや、いつの間にか歯がすり減っている(=咬耗)ことも多いもの。今回は「咬耗」のことを詳しく紹介しよう。   目次 1.咬耗(こうもう)とは 2.歯がすり減る原因は? 3.治療が必要な咬耗 4.露髄するとこんなことが起こる! 5.咬耗の検査や治療方法について 6.咬耗の治療内容 7.露髄のチェックリスト 8.皮膚疾患を持っている犬も注意が必要! 9.歯に安全なオヤツの硬さは? ...

2021/6/14

賞味期限はいつ?ダメな薬の飲ませ方は?犬の投薬 なるほどQ&A

犬の投薬時に疑問に思うこと、飼い主がついやりがちなことなどについて分かりやすく回答。これを読めば、正しく、賢く薬を使いこなせるようになるはず!  

2021/6/4

これまで以上に詳しくなれる!意外と知らない犬にまつわる雑学

犬について、いろいろ知っているようで意外と知らないも部分があったりするもの。聞いてみたいが、今さらそんなことを聞くのも、ちょっと恥ずかしい。そんな犬にまつわるギモンについてお答えしよう。これであなたも、より犬について詳しくなれる。   目次 1.犬の行動の雑学 2.犬の体の雑学 3.犬の飼い方の雑学   犬の体の雑学 ■ドブに落ちることがあっても視界は人間より広いのだ トンボの視界は広いから、捕まえようとしてもなかなか捕まらないといわれているけれど、犬の視界の範囲はどうなっているんだろ ...

2021/4/16

骨折・脱臼から愛犬を守る!プードルに多い怪我の症状と予防

ジャンプした時に足を滑らせたなどでプードルが骨折や脱臼をしてしまうケースは意外と多い。プードルで気をつけておきたい骨と関節に関する病気にはどんなものがあるか詳しく紹介していこう。   目次 1.体が小さい犬は骨も弱い 2.膝蓋骨内方脱臼 3.前十字靭帯断裂 4.レッグカルベペルテス病 5.環椎軸椎脱臼 6.下顎の骨折 7.撓骨・尺骨の骨折 8.その他の骨折 9.その他の脱臼 10.予防のためにできること 11.しっかり散歩を行うことで強い骨に育てる   膝蓋骨内方脱臼 ■膝のお皿が滑車 ...

2021/4/7

【誤飲・熱中症・感電】愛犬の命を救う。もしもの時の応急処置講座

いざという時、飼い主が行ったほうがよい応急処置について、症状別に詳しく解説! 目次 1.呼吸と心拍がない 2.熱中症 3.何もせずに動物病院へ行くべきケース 4.虫に刺された、ヘビに噛まれた 5.感電した 6.誤飲をした 7.緊急時には焦らず冷静に応急処置を行いたい   呼吸と心拍がない 【犬の様子】 ・呼吸をしていない ・心拍と脈拍が 確認できない 【応急処置に役立つモノ】 ・手鏡、 コンパクトなど 心肺停止に陥ったら即座に蘇生処置を行って 何らかのアクシデントで心肺停止の状態に陥った時、飼い ...

2021/4/2

【シニア犬 Q&A】高齢になっても快適な生活を送るために実践したいこと

年を重ねた愛犬と、どのように暮らし、病気と向き合っていけばいいのでしょうか。穏やかに、健やかに暮らす知恵や工夫をヒントに、やがてやって来る老いに備えましょう。 目次 1.老犬になっても散歩は必要? 2.愛犬の食欲が落ちてしまい心配 3.危険のない安全な住環境って何? 4.定期的に健康診断を受けた方がいい? 5.シニア犬がかかりやすい病気は? 6.何か起きてからでは遅すぎる   老犬になっても散歩は必要? 適度な運動はできるだけ行いましょう 心臓病や関節障害など運動制限がない限り、無理をせずに、愛 ...

2021/3/10

【ぬり薬・目薬・点鼻薬】投薬の悩みを解決!犬への上手な薬のさし方、ぬり方

目、耳、鼻の薬や、スポットオンタイプのノミ・ダニ駆除薬、ぬり薬など、それぞれの効果的なさし方(滴下方法)やぬり方を詳しく紹介!   目次 1.鼻の薬 2.ぬる薬 3.目の薬 4.耳の薬 5.スポットオンタイプのノミ・ダニ駆除薬   ぬる薬 薬をぬる前は、患部のフケを取り払ったり、汚れている部分を拭いておくことも大切。ぬり方は下記の通り。   地肌が見えるようにして薬をぬり浸透させる 薬を綿棒につけ、犬の毛をかき分けて地肌が見えるようにする。そして地肌にしっかりと薬がつくようにぬる。ぬっ ...

2021/3/10

日常生活には『アブナイ』がいっぱい!? コーギーの身近にある危険な状況

愛犬と過ごしている中で、意外な場所でケガをしそうになったり、思いも寄らない危険に巻き込まれたことはないだろうか。コーギーはタフで体力もあり、比較的丈夫な犬種ではあるが、突発的な事故はいつだって起こりうる。日常生活で、起こりうる危険を知っておこう。   コーギーに起こり得る危険 ■車に乗せる時は万が一を考えておく 愛犬を風にあててあげようと思って、走っている車の窓を開けていたら、犬が窓から飛び出したというケースがある。 普段平気と思っていても、何が起こるかわからない。万が一のことを考えて、安全対策 ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD