犬びより

知っておくとちょっと嬉しい!? コーギーに関するファンタジーなウワサ話

2019/09/12

ご存知の通り、コーギーは長い歴史を持つ犬種。その分、いろんな伝承やウワサ話も多く残されています。ファンタジーとロマンにあふれたコーギーのウワサ話、ご紹介しましょう!
 

 

妖精と仲良くなった子供がプレゼントされた2匹のパピィ

コーギーの伝説

イギリスのウェールズ地方にはコーギーに関する伝説がいくつかあります。

いわく「ウェールズの子供が妖精と友達になった。妖精はこれを喜び、彼らに2匹のパピィを与えた。穴の中で遊んでいた彼らはキツネの子のつがいのよう。金色に輝く毛、短くまっすぐで太い足、キツネにような顔を持っていた。柔和な瞳をもつパピィを、子供は村に連れ帰ってきた。」

このパピィがコーギーで、彼らはウェールズの人々のパートナーになりました。

 

妖精の子供の遊び相手を務めていた心優しき犬

コーギーの伝説

上記の伝承で、パピィを連れ帰った子供は、家族に「この小さい犬は妖精からの贈り物だ」と告げました。

ウェールズの豆仙人(長老のような存在を示すのでしょう)も「この小さい犬はコーギーといい、妖精の馬車を引き、妖精の牛を追い、妖精の騎士を乗せ、そして妖精の子供達の遊び相手となっていた」とも言いました。

コーギーの首周りにある白い毛の部分をサドル、または「妖精の鞍」とも呼ぶのは、この伝説が元になっています。

 

古代ウェールズの王族もコーギーがロイヤルドッグ!?

コーギーの伝説

かくも長くウェールズの人々に愛されてきたコーギー。その証拠も見つかっています。

ウェールズ中部にある9世紀頃の遺跡から、コーギーに似ている犬の前足が発掘されたのです。この遺跡は古代ウェールズ王族の住居跡だと考えられていますから、コーギーがコンパニオンドッグだった可能性もあります。

現代のイギリスでもコーギーはロイヤルドッグの地位にあるので、王族とコーギーの関係はとても良いと考えられています。

 

バイキングとコーギーの切っても切れない関係とは?

コーギーの伝説

スウェーデン原産の牧洋犬「スェーディッシュ・ヴァルフント」は、コーギーととても関係が深い犬種です。

8~10世紀、ウェールズを攻めたバイキングがスェーディッシュ・ヴァルフントを伴っていて、その一部がウェールズに残りコーギーになった、とする説が現在では有力なのです。

一時期絶滅しかけたスェーディッシュ・ヴァルフントですが、保存活動により盛り返しました。コーギーと同じく胴長短足で少し体が大きいのが特徴です。

 
人気のキーワード:
#しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理
#性格 #散歩 #気持ち #病気 #おでかけ
#ケア #子犬 #性別
 
コーギースタイル Vol.34『知っておくとちょっとうれしい!? コーギーに関するウワサ話』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。

facebookでシェア ツイートする LINEで送る
pick up!