病気

2022/1/21

本当は大切なメラニン色素。色の変化で分かる柴犬の健康状態と病気

メラニン色素は健康のために重要な防御機能。メラニン色素による愛犬の色の変化は、実は病気が原因だったりもする。皮膚炎が起こりやすい柴犬は多い。今回は注意したい愛犬の色の変化、メラニン色素の働きについて勉強していきたい。   目次 1.メラニン色の働きは犬の体を守る 2.虹彩、目縁、口唇、肛門は濃い方が良い 3.犬の舌に出る舌班 4.色の変化は病気のサイン! 5.メラニン色素は自然免疫にも影響?   虹彩、目縁、口唇、肛門は濃い方が良い 虹彩、目縁、口唇、肛門はできるだけ濃い方が良い。この ...

2022/1/17

ペチャの魅力部位を健康に! デリケートな皮膚の特徴と起きやすいトラブル

犬はふかふかの毛皮をまとって寒さに強いイメージだが、短毛のペチャは、他の犬に比べると被毛の中の空気が逃げやすく、保温効果は低い。脂肪はついているが寒さに弱く、そのため対策が必要になる。   目次 1.ペチャの皮膚の特徴 2.よくあるペチャの被毛トラブル 3.お手入れで体を触ることは様々なことにも役立つ   ペチャの皮膚の特徴 ■短毛 柴犬などはダブルコートというアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)の二重構造の被毛を持ち、ここに空気を含むことで寒さから身を守る。しかしペチャは下 ...

2022/1/14

役割や病気、気持ちまでマニアックに追求! コーギーの耳のアレコレ

やわらかくあたたかい愛犬の耳の感触は、飼い主さんの癒しポイントのひとつでしょう。今回はコーギーのかわいいお耳のすごすぎる能力を徹底解剖します。耳の不思議、知れば知るほど愛犬の耳が愛しくなりますよ!   目次 1.コーギーの耳の疑問 2.コーギーの耳に関する病気 3.耳でわかるコーギーのキモチ 4.コーギーの耳を愛でる 5.耳は立派なコミュニケーションツール   コーギーの耳に関する病気 日頃から愛犬の耳を触ったり、覗いたり、ニオイを嗅いで耳の中をチェックして早期発見、早期治療を心がけま ...

2022/1/7

【飲みぐせ拝見!】がぶがぶと?お上品に?水の飲み方から分かる犬の健康

犬がどのようにして、水を飲んでいるか、ご存知だろうか? これ、正確に答えられる人はかなりの博学か犬マニア。愛犬の水の飲み方についての正しい知識と個別のクセについて見てみよう。   目次 1.本当はあげてはいけない飲料 2.犬の舌の構造と水分のすくい上げ方 3.日本犬が一日に飲む水分量、適温、種類 4.水の飲み方を見れば体調もわかる   犬の舌の構造と水分のすくい上げ方 ■舌を後ろに巻いて水をすくっている 一般的に考えれば、舌を出してペロリと舐めるように水をすくっていると思ってしまうのが ...

2021/12/2

犬の医療費が高いのはナゼ?いまさら聞けない動物病院の費用を徹底調査!

今回は、みなさんが気になる犬の医療費についてじっくり考察。もやもやした疑問に答えていく。   目次 1.聞きづらい医療費について聞いてみた! 2.医療費などの値段について 3.医療費にナットク!Q&A 4.信頼関係を築けるかかりつけの動物病院を探そう   医療費などの値段について 編集部周辺の飼い主に医療費について徹底リサーチし、平均値を出してみた。実際は、動物病院ごとに異なることもあるので、参考程度に頭に入れておいてほしい。 診療・入院・治療 初診料 1,000円 再診料 500円 ...

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

2021/11/17

愛犬の命を守るためにも学んでおこう。犬の血液型と輸血の豆知識

さまざまな手術や病気などで、愛犬に輸血が必要となる場合も少なくない。輸血の際に必要となる血液はどのように集められているのか。いざという時のためにも詳しく知っておこう。 目次 1.血液の役割 2.犬の血液型判定法 3.輸血が必要な犬の病気 4.血液の採取 5.輸血のリスク 6.犬の輸血 まとめ   血液の役割 人間でも犬でも、血液は全身を巡っている。血液は生命を維持するために欠かせない多くの役割を担っている。それだけにとても重要なものだ。 血液が造られるのは、骨の中心部にある骨髄という組織。骨髄で ...

2021/11/11

【免疫元気で犬がいい!】外敵から健康を守るデリケートな仕組み

みんな知っている「免疫」という言葉。これが弱るとまずい、というくらいは分かるが、では一体どういうものなのか。免疫に関する知識を増やしたいという方、難しすぎない範囲で勉強してみよう。 目次 1.犬に襲い掛かる外敵 2.免疫力を高めるには? 3.免疫のしくみ 4.自然免疫について 5.細胞性免疫・体液性免疫について   犬に襲い掛かる外敵 ■ウイルス ウイルスと細菌を混同している方もいるかもしれないが、これは全くの別物。ウイルスは抗生物質が効かず、他の生物の細胞を利用して増殖する性質を持つ。 これが ...

2021/11/1

高齢や寒さ以外の理由は?犬が震える原因と受診前にやっておくべきこと

愛犬が震えるその背景には、実に多くの理由が隠されている。気にしなくていいものから、すぐに手を打つべきものまで。また理由がはっきりしていない震えもある。一度きちんと整理して、震えに対する知識を備えておきたい。   目次 1.犬の震えはどの程度解明されている? 2.健康な犬が震える3つの理由 3.ウレションは震えに似ている? 4.犬で見られる代表的な不随運動 5.ここが悪いと犬は震える 6.犬の震えを引き起こす病気 7.震えを引き起こす中毒物質 8.犬の心因性による震え 9.犬の外傷の痛みによる震え ...

2021/10/26

ペチャの魅力部位を健康に! デリケートな鼻の特徴と起きやすいトラブル

ペチャの鼻は短いが、基本的に収まっている器官とそれらが果たす機能はマズルが長い犬と同じだ。ただ、骨格の違いから感受性が良くなく、嗅覚は他犬種より衰えるといわれている。ペチャの鼻の構造を詳しく見てみよう。   目次 1.人為的に改良された犬種なだけに弊害も 2.鼻の構造 3.鼻と脳の物理的な構造が嗅覚の鈍い原因!? 4.ペットボトル1本分も分泌される鼻水&涙 5.よくある鼻トラブル   人為的に改良された犬種なだけに弊害も ペチャのようにマズル(鼻)が短い犬を短吻種と呼ぶ。つぶれた鼻は愛 ...

2021/10/19

【免疫元気で犬がいい!】柴犬に多い免疫系の病気・健康を維持するための心得

重要な役割を持つ免疫だけに、その機能が崩れた時は危険な状況にさらされることになるのだ。ここでは免疫バランスが崩れた時に起こる体内変化、免疫力を維持するための心得を勉強していこう。   目次 1.免疫が暴走する時 2.柴犬に多い免疫介在性疾患 3.アレルギー・アナフィキラシーショック 4.免疫力を維持するための心得 5.痒みが止まるとアレルギーがよくなる? 6.犬らしく健康的な生活が免疫には一番いいのかも   柴犬に多い免疫介在性疾患 ■免疫介在性溶血性貧血 症状は、貧血によって皮膚や粘 ...

2021/10/19

ひとりの留守番は1日が限界……どうする長期不在。性格別・柴犬の預け方

自宅を長期間不在にしなければいけない時、しかも愛犬を連れて行けない時、どうする? 急な用事にあわてないために、愛犬の性格に合った預け方を確認しておこう。 目次 1.愛犬と各家庭に合った預け方 2.預け方チェック 3.どんな預け先でも必要なグッズ 4.預け先紹介 5.お世話係紹介 6.いざという時のためのトラブルシューティング   愛犬と各家庭に合った預け方 犬だけの留守番は、健康な成犬であっても半日程度にして、連日は避けたほうがいい。食事や排泄のことを考えると、1日以上家を空けるときは犬を預ける ...

2021/10/12

【かゆすぎ注意!】掻く姿は愛おしいけれど……本犬は大変!

愛犬がポリポリと眼を細めて掻く姿に、つい「かわいい」とか思うこともある。でも、犬にとっては、けっこうツライのかもなぁ……。物言わぬ犬なだけに、その辛さの程度がよくわからないのだけど。   目次 1.犬が体を掻くのはどんな時? 2.犬はどんな方法で掻く? 3.犬が自力で掻けない場所はある? 4.掻く様子から疑う病気はある? 5.掻くのを人間がお手伝いするのはOK? 6.掻くことをやめさせる方法とは?   犬はどんな方法で掻く? 犬がホントにかゆくて掻いている場合だと、かゆみの度合いによっ ...

2021/9/24

【便秘の真実】中年以降のオス犬には病気が隠れていることも……?

愛犬のうんちが出るとなぜかホッとする飼い主さんは多いはず。人間でも辛い「便秘」。はたして犬の便秘とはどんなものなのかじっくり考えてみよう。   目次 1.犬の便秘とはどういうものか? 2.便秘になりやすい犬種は? 3.排便の回数と犬の年齢について 4.便秘から分かる病気 5.便秘が引き起こす病気便秘になりやすい犬種は? 日本犬、洋犬などという犬種は全く関係ない。便秘になるかならないかは、その犬の体質によるもの。 例えば同じドッグフードを食べていても、便秘になる犬、ならない犬がいるのは、その犬の腸 ...

2021/9/23

【体にいい寝方 よくない寝方】 犬の寝姿の謎に迫る!

そんな格好で寝てつらくはないのか、子犬の頃は後ろ足を伸ばして寝ていたけど、成犬になったらやらなくなったなど、犬の寝姿や眠りに関するいろいろなことを探ってみた!   目次 1.寝姿にはさまざまなことが影響する 2.うとうと寝にも2パターンある!? 3.体調が悪いときの寝姿にもいろいろある   うとうと寝にも2パターンある!? 夏の暑い時はカーペットを敷いていないフローリングやタイルの部分など、冷たい場所にうつぶせで寝ていることもあれば、エアコンの効いたリビングでリラックして体を伸ばして寝 ...

2021/9/17

チワワに骨折・脱臼が多いってホント?改めて知りたい関節・骨の病気

抱っこしている最中や高い場所から落ちた、足を滑らせたなどで、骨折したり関節を痛めてしまうケースがチワワには意外と多い。今回はチワワで気をつけておきたい骨と関節に関する病気について、詳しく紹介していこう。   目次 1.膝蓋骨内方脱臼 2.撓骨・尺骨の骨折 3.下顎の骨折 4.前十字靭帯断裂 5.レッグカルベペルテス病 6.環椎軸椎脱臼 7.その他の脱臼 8.その他の骨折 9.骨折・脱臼を予防するためにできること 10.骨折を起こしやすくなる病気もあるので注意   チワワにもっとも多いの ...

2021/9/14

【家の中にある危険スポット】元気なダックスにありがちな健康トラブル

うちの子は元気だから大丈夫! と油断しないで。実は元気だからこそ、危険な事故に直面する可能性もある。今回は元気なダックスにありがちな健康トラブルについてリサーチ。家の中を見渡して、危険度を徹底的にチェックして。 目次 1.家の中にも危険がいっぱい 2.食欲旺盛なダックスが多い誤食 3.こんな所にも危険が潜んでる! 4.その他の危険いろいろ 5.ダックスの健康トラブル まとめ   家の中にも危険がいっぱい ■フローリング フローリングなど滑りやすい床は犬にとって、とても危険。滑ったことが原因で椎間 ...

2021/9/8

放っておくと手遅れに!? 犬の体から出る音で病気がわかるってホント?(2)

   目次 1.おなかの音 2.排泄時に鳴く・唸る 3.オナラ 4.心臓の音 5.音の病気に関するQ&A   排泄時に鳴く・唸る うんちをする時、犬が「ウーッ」と唸る。そんな時は、単純にいきんでいるケースもあるが、うんちが出にくくて唸っていることもある。 うんちが大きい、太い、硬い場合は、相当強くいきまないと排便できない。そのために、排便時に唸ることがある。 便秘でうんちが出にくい場合もあれば、肛門が開きづらい犬もいる。この肛門括約筋が細いケースは、腸内に太いうんちができてしまうと、出 ...

2021/9/3

放っておくと手遅れに!? 犬の体から出る音で病気がわかるってホント?(1)

最近よく咳をするようになった、体から聞き慣れない変な音が聞こえる……。そんな時は何かの病気のサインかもしれない。今回は、音でわかる病気についてご紹介。意外な場所からの音には、特にご用心!   目次 1.咳 2.口周りの音 3.耳の音 4.鼻の音 5.爪の音 6.体をかく音 7.関節の音   口周りの音 ハァハアという呼吸音や、ペチャペチャとした舌の音、ギリギリいう歯ぎしりなど、口周りで音が出る原因について解説!   ■パンティング 犬は運動後や喉が渇いている時など、日頃から「 ...

2021/8/26

よだれ、鼻水、肉球汁……たかが汁とあなどるなかれ!汁でわかる柴犬の健康

犬の汁とは、犬の体から出てくる体液のこと。よだれや鼻水、目ヤニ、涙はもちろん、体から出てくる汁について調べてみた。さまざまな汁の健康状態とは、また病気の可能性がある状態とはどんなものなのかを知っておこう。   目次 1.目ヤニ 2.涙 3.よだれ 4.鼻水 5.肉球の汁 6.耳アカ 7.まとめ   目ヤニ ▽危険な汁とは 黄色や緑色、血が混ざって赤っぽい色は病気の可能性が。朝起きたときに目ヤニで目が開かない状態も要注意。   ▽指先で軽く取れる程度なら心配ない 健康時の目ヤニ ...

2021/8/20

よく聞く歯のトラブル以外も知っておきたい!犬の口の中にできる病気

愛犬の口の中を普段からチェックしているだろうか。口の中にできる病気にもいろいろある。できるだけ早めに見つけるためにも、どんな病気に気をつけたらいいのかを詳しく知っておこう。   目次 1.健康チェック方法 2.口と歯の病気 3.舌の病気 4.口の中の腫瘍 5.顎の腫瘍 6.まとめ   口と歯の病気   呼吸に支障を及ぼす病気 【軟口蓋下垂】 ▼原因・症状 上顎の奥の骨のないやわらかい部分が軟口蓋。人間でいうとのどチンコに相当する部分。軟口蓋が伸びて、下に垂れ下がってしまう病気 ...

2021/8/11

真相究明!どーした?ナゾの食欲不振。犬がゴハンを食べない6大要素

食欲旺盛、ゴハン命。そんな愛犬が、ある日突然、ゴハンを食べなくなったことはないだろうか?一体、何故、食欲が落ちたのか、そのナゾを追求解明する。   目次 1.食欲不振の6大要素はコレ! 2.犬のボディコンデションスコア(BCS) 3.愛犬に合った食事量を図る目安は? 4.健康管理は飼い主の役目   犬のボディコンデションスコア(BCS) BCS 1(削痩) 体脂肪(%)・・・≦5 肋骨・・・脂肪に覆われず、容易に触れる。 腰部・・・脂肪がなく骨格が浮き出ている。 体型・・・横から見ると ...

2021/8/17

犬の咳・くしゃみ・鼻水の症状は風邪?勘違いしやすい病気に注意!

愛犬が頻繁にくしゃみをしていたり、鼻水が出ているなど、もしかしたらこれって風邪?と思うことはないだろうか。「犬の風邪」に関する詳しい症状を知っておこう。 目次 1.犬の風邪 Q&A 2.風邪の原因 3.風邪の症状 4.風邪の治療 5.風邪にかかりやすい犬 6.風邪にかかると危険な犬 7.風邪と勘違いしやすい犬の病気 8.運動し体を鍛え、ワクチン接種も忘れずに 9.風邪のときは暖かくして散歩も控えること   犬の風邪 Q&A Q.犬も人間と同じような風邪を引くの? 犬の場合は伝染性 ...

2021/7/12

『こんなはずじゃなかった!』犬が選択ミスする理由・失敗させない対策は?

犬も選択ミスすることは少なくない。ちょっとドジ、だから愛しい。今回は犬のミスの理由やミスによる危険について考えてみた。 目次 1.犬はどうやって行動を選択する? 2.犬に選択ミスをさせないためには? 3.犬が選択ミスをしやすいのはどんなとき? 4.選択ミスでどんな怪我やトラブルが起こる? 5.犬がどんなミスをしたら危険信号? 6.犬の失敗は気づかないフリが基本   犬はどうやって行動を選択する? 基本的に犬は本能的な判断と、自分の経験による判断を合わせて選択する。たとえば幅の広い川を渡らないとか ...

2021/7/4

長寿が多い日本犬だからこそ知っておこう!認知症の特徴、症状、原因

日本犬に多いといわれる認知症(高齢性認知機能不全)。でも「まだうちの子は若いから関係ない」と思っていないだろうか。他の病気と同様に認知症も早めの予防が大切。そして、それには脳への刺激がよく効くんだとか。   目次 1.認知症について正しく知ろう! 2.認知症の原因 3.認知症の症状 4.認知症発見のための自己チェック   認知症の原因 では、犬の認知症の原因にはどんなことがあるのだろうか。人ほどには解明されていないけれど、認知症の犬の脳で、どんなことが起こっているのか、研究が進められて ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD