病気

2020/12/18

【家の中にある危険スポット】元気なダックスにありがちな健康トラブル

うちの子は元気だから大丈夫! と油断しないで。実は元気だからこそ、危険な事故に直面する可能性もある。今回は元気なダックスにありがちな健康トラブルについてリサーチ。家の中を見渡して、危険度を徹底的にチェックして。   目次 1.家の中にも危険がいっぱい 2.食欲旺盛なダックスが多い誤食 3.こんな所にも危険が潜んでる! 4.その他の危険いろいろ 5.ダックスの健康トラブル まとめ   食欲旺盛なダックスが多い誤食 ■梅干の種や髪の毛は誤食するとかなり危ない! ダックスは誤食が多い犬種だそ ...

2020/12/25

ひとりの留守番は1日が限界……どうする長期不在。性格別・柴犬の預け方

自宅を長期間不在にしなければいけない時、しかも愛犬を連れて行けない時、どうする? 急な用事にあわてないために、愛犬の性格に合った預け方を確認しておこう。 目次 1.愛犬と各家庭に合った預け方 2.預け方チェック 3.どんな預け先でも必要なグッズ 4.預け先紹介 5.お世話係紹介 6.いざという時のためのトラブルシューティング   愛犬と各家庭に合った預け方 犬だけの留守番は、健康な成犬であっても半日程度にして、連日は避けたほうがいい。食事や排泄のことを考えると、1日以上家を空けるときは犬を預ける ...

2020/12/16

【便秘の真実】中年以降のオス犬には病気が隠れていることも……?

愛犬のうんちが出るとなぜかホッとする飼い主さんは多いはず。人間でも辛い「便秘」。はたして犬の便秘とはどんなものなのかじっくり考えてみよう。   目次 1.犬の便秘とはどういうものか? 2.便秘になりやすい犬種は? 3.排便の回数と犬の年齢について 4.便秘から分かる病気 5.便秘が引き起こす病気便秘になりやすい犬種は? 日本犬、洋犬などという犬種は全く関係ない。便秘になるかならないかは、その犬の体質によるもの。 例えば同じドッグフードを食べていても、便秘になる犬、ならない犬がいるのは、その犬の腸 ...

2020/12/16

犬の咳・くしゃみ・鼻水の症状は風邪?勘違いしやすい病気に注意!

愛犬が頻繁にくしゃみをしていたり、鼻水が出ているなど、もしかしたらこれって風邪?と思うことはないだろうか。「犬の風邪」に関する詳しい症状を知っておこう。   目次 1.犬の風邪 Q&A 2.風邪の原因 3.風邪の症状 4.風邪の治療 5.風邪にかかりやすい犬 6.風邪にかかると危険な犬 7.風邪と勘違いしやすい犬の病気 8.運動し体を鍛え、ワクチン接種も忘れずに 9.風邪のときは暖かくして散歩も控えること   犬の風邪 Q&A Q.犬も人間と同じような風邪を引くの? 犬 ...

ウェルシュ・コーギー・カーディガン

2020/12/3

愛犬の命を守るためにも学んでおこう。犬の血液型と輸血の豆知識

さまざまな手術や病気などで、愛犬に輸血が必要となる場合も少なくない。輸血の際に必要となる血液はどのように集められているのか。いざという時のためにも詳しく知っておこう。 目次 1.血液の役割 2.犬の血液型判定法 3.輸血が必要な犬の病気 4.血液の採取 5.輸血のリスク 6.犬の輸血 まとめ   血液の役割 人間でも犬でも、血液は全身を巡っている。血液は生命を維持するために欠かせない多くの役割を担っている。それだけにとても重要なものだ。 血液が造られるのは、骨の中心部にある骨髄という組織。骨髄で ...

2020/11/20

放っておくと手遅れに!? 犬の体から出る音で病気がわかるってホント?(2)

   目次 1.おなかの音 2.排泄時に鳴く・唸る 3.オナラ 4.心臓の音 5.音の病気に関するQ&A   排泄時に鳴く・唸る うんちをする時、犬が「ウーッ」と唸る。そんな時は、単純にいきんでいるケースもあるが、うんちが出にくくて唸っていることもある。 うんちが大きい、太い、硬い場合は、相当強くいきまないと排便できない。そのために、排便時に唸ることがある。 便秘でうんちが出にくい場合もあれば、肛門が開きづらい犬もいる。この肛門括約筋が細いケースは、腸内に太いうんちができてしまうと、出 ...

2020/11/19

放っておくと手遅れに!? 犬の体から出る音で病気がわかるってホント?(1)

最近よく咳をするようになった、体から聞き慣れない変な音が聞こえる……。そんな時は何かの病気のサインかもしれない。今回は、音でわかる病気についてご紹介。意外な場所からの音には、特にご用心!   目次 1.咳 2.口周りの音 3.耳の音 4.鼻の音 5.爪の音 6.体をかく音 7.関節の音   口周りの音 ハァハアという呼吸音や、ペチャペチャとした舌の音、ギリギリいう歯ぎしりなど、口周りで音が出る原因について解説!   ■パンティング 犬は運動後や喉が渇いている時など、日頃から「 ...

2020/11/17

東洋医学で体質改善!5つの性格から分かる愛犬へのおすすめ食材

東洋医学では、犬には5つの性格傾向があり、体質のマイナス面や改善方法も変わるそう。そこで犬のタイプ別に、性格&体質改善によい食材をご紹介。トッピングやオヤツに活用してみよう!   目次 1.性格&体質別 おすすめの食べ物  1-1 神経質な金タイプ  1-2 怖がりな水タイプ  1-3 興奮しやすい火タイプ  1-4 イライラしやすい木タイプ  1-5 くよくよしやすい土タイプ 2.性格で体質やおすすめ食材がわかる   性格で体質やおす ...

2020/11/9

寒い時期は要注意!愛犬がおしっこを我慢する原因と対処方法は?

  目次 1.犬のおしっこに関わる主な器官 2.寒い時期のおしっこには気をつけて 3.おしっこと飲水の関係 4.日頃の注意   寒い時期のおしっこには気をつけて 排泄をしない=尿が出ないとは限らない。日本犬は外飼いであっても散歩の時間まで排泄をガマンする犬もいるため注意が必要だ。 あまりガマンをさせすぎると腎臓病や膀胱炎など病気の原因になる。 また結石ができやすい犬の場合、膀胱に長時間尿を貯めるのは、結石が増える時間を作っているようなもの。 特に寒い時期は飲水量が減るため、膀胱に尿がた ...

2020/10/29

【体にいい寝方 よくない寝方】 犬の寝姿の謎に迫る!

そんな格好で寝てつらくはないのか、子犬の頃は後ろ足を伸ばして寝ていたけど、成犬になったらやらなくなったなど、犬の寝姿や眠りに関するいろいろなことを探ってみた!   目次 1.寝姿にはさまざまなことが影響する 2.うとうと寝にも2パターンある!? 3.体調が悪いときの寝姿にもいろいろある   うとうと寝にも2パターンある!? 夏の暑い時はカーペットを敷いていないフローリングやタイルの部分など、冷たい場所にうつぶせで寝ていることもあれば、エアコンの効いたリビングでリラックして体を伸ばして寝 ...

2020/10/23

【犬にもうつ病があるの!?】適切なサポート展開をするための研究へ、ご意見募集!

うつはどの年代でも発症する脳の疾患ですが、高齢期にはうつ状態が起きやすいことが、人の医学研究でが明らかとなってきました。 「人はいろいろ考えすぎだよぉ〜」 では犬は……!? 「え、ボクたち!?」 15歳を超えると40%以上の犬には認知機能低下(いわゆる認知症)が見られると言われています。 この認知機能低下は脳の進行性の疾患と考えられていて…… 「じゃあ〜犬もうつ病になっちゃうの〜?」 しかし、実は犬たちにおけるうつ病に関してはまだ研究が進んでいません。 適切に対処することで症状の改善が見込めるのに……! ...

2020/10/20

乾燥する季節は気をつけたい!日本犬に多い意外な病気“気管虚脱”

気管虚脱とは「気管が押しつぶされたような形に変形して、呼吸が苦しくなる」病気。特に寒い時期に症状が悪化するので、冬は十分に注意したい病気だ。   目次 1.気管虚脱とは 2.気管虚脱に気をつけたい犬 3.咳の症状が悪化する場合は……   気管虚脱に気をつけたい犬 ■肥満の犬やシニア犬は要注意 中高年期の犬は気管の構造が変性しやすくなる。また肥満の犬は気管周辺の脂肪が気管を圧迫し気管を変形させるので、気管虚脱になりやすい。   ■首輪でぐいぐい前に引っ張る犬 首輪をして散歩をす ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD