犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

柴犬が地味だとはモ~言わせない!シーバ式デコスタイルでド派手に変身!

2018/11/27

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

普段は渋く決めている日本犬も実はきらびやかな世界が気になっているらしい(?)。ということでシーバ流にデコを楽しんでみたら、こんなことになっちゃいました!

 

基本的なものの作り方


 
基本の材料
・接着剤
・ペーパーパレット
・ヘラ
・マジカルピック
・クリーナー
・マジカルトレイ
・リムーバー(プラスチック用、ストーン用)
・綿棒
・ストーン各種
 
 

1.専用のぺーパーパレットに接着剤を出す

 

2.ヘラで接着剤をとり、デコする素材に塗る
※接着剤の種類によっては短時間で乾いてしまうので注意

 

3.トレイに使用するストーンを出し、マジカルピックで拾ってのせていく

 

4.はみ出たストーンの上についてしまった接着剤は、綿棒にリムーバーを染みこませふき取る

 

5.乾くのを待ったら完成

 

自分で挑戦するときのワンポイントアドバイス

デコする素材を考慮すること。

アルミ、プラスチック、陶器などは向いているが、ゴムやラバー素材、布、革製品はつきにくいので、それに合わせた専用の接着剤を使用しよう。

そして、まずは簡単なデザインからチャレンジしよう!

 

デコ作品紹介!

デコ・サングラス

白とピンクのパールで囲み、アイスクリーム、ハート、バラ、犬毛などを散りばめたPOPでキュートな作品。

 
デコ・首輪

ストーンを点在させる場合、全面に接着剤を塗ると仕上がりが汚くなってしまうので、のせるストーンのひとまわり小さく接着剤をのせ、その上にピンセットでストーンをのせる。

 
デコ・フードボール

文字やイラストを入れる場合、のせるストーンの大きさを意識しながらアクリル絵の具(マジックでも可)でデザインを描き絵の具が乾いたらストーンをのせていく。

 
デコ・乳首タンク”

中央に濃いピンク、まわりに薄めのピンクストーンで犬の乳首を表現(?)。これはもうマニアからの問合せ殺到間違いなし。シーバティスト溢れるタンクトップである。(非売品です)

 
デコ・トイレシート

トイレによくある風なバラなどをあしらい、華やかな作品が完成。エコが叫ばれる今日、クレーム予想NO.1の作品である。

 
デコ・エリザベスカラー


キラキラパラボラ犬だー!“工事中”ならぬ“ちりょう中”の注意書き入れておきました。なんでひらがなかって、もちろん漢字が難しいから。療養中のブルーな彼らの、元気な源になりますように(なるか!)。

 

犬のグッズへデコする時の注意点

1.ストーンが口に入る恐れのあるグッズへのデコは要注意!デコしたフードボールは食事中以外は片付けておく。

2.完成品の強度を確かめる。

3.使用による汚れは専用リムーバーか乾拭きで拭き取る(拭きすぎるとストーンに傷がついてしまうので注意)。

4.ストーンは犬が口にしないような場所に保管する。

 
 
関連記事:
【毛玉、穴あき大歓迎♪】らっしゃい靴下!家族のはき古しを愛犬に再利用
全く役立たずの手作り術。材料費0円の段ボールで作る柴犬グッズ!
 
 
Shi‐Ba vol.42『実は派手な犬に憧れていました デコ柴!』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。