犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

インスタを駆使して世界1のSHIBAになる!?柴犬をオシャレに撮る方法!

2018/07/29

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

インスタグラム。略して「インスタ」。皆さん使いこなしていますか?今回は愛犬を可愛くオシャレに撮影するポイントを解説。可愛い愛犬のオシャレ写真を気軽に発信できて、世界の人と繋がれるインスタグラムの世界、始まり、始まり~!

Shi‐Ba編集部もインスタ登録中!フォローしてね!

 

おうち編

慣れ親しんだ我が家ゆえ、自然な愛犬の姿が撮れる。大好きな飼い主さんだからこそ目にすることができる無防備な姿は、プロが撮ろうとしてもなかなか撮れない。

あえて鼻にピント合わせ


#お鼻つやつや #おいしそう #本当はもっと美犬 #ブサカワ言うな

通常は表情を撮るため目にピントを合わせるが、あえて鼻にピントを合わせ撮影するとブサカワな写真に。

 
顔をぼやかし肉球にピント


#遊び疲れて昼寝中

こちらは肉球にピントを合わせたパターン。奥にある犬の表情がぼやけるが、個性的で可愛い写真に仕上がる。

 
カラフルな布を利用する


#目線の先にオヤツあり

カラフルな布をソファーに敷いたり犬にまとわせたりるとメリハリの効いた写真に仕上がる。布のドレープから生まれる光の陰影も楽しい。

 
犬じゃないものにしてみる


#ひょっこりひょうたん柴 #背中で象を育成中 #勝手に乗せんな

愛犬のリラックス時や寝ているタイミングを見計らって、背中をデコレーション。気付かれないよう撮影は素早く!

 
しつこいと失敗することも…


#勝手に尻撮んな

「たこ焼き」を撮影しようとしたら「もうやだ」と不機嫌になった。

 

公園編

日課の散歩タイムで自然光や構図を意識。自然光溢れる屋外では、愛犬を魅力的に撮影できる。光を上手に使って撮影したり、オブジェ、階段、ベンチなどを利用して外ならではの構図を工夫。愛犬の様々な表情を引き出そう。

 
オブジェと犬のコラボ


#アクビしながらキメポーズ #凛々しさアピール #後ろのアイツは何?

公園にあるオブジェを生かした構図で撮影。背景にインパクトのある対象を入れると迫力を感じる1枚に仕上がる。

 
インパクトある大胆な小物使い


#インスタっぽい~

大胆な色使いの傘と一緒に犬の顔を画面いっぱいに入れるとインパクトある仕上がりに。

 
青空を瞳に入れおめめキラキラ


#本当はちょっとまぶしい

瞳に空が写り込むように撮影すると目がキラキラに。犬に上を向いてもらって見下ろす角度で撮影しよう。

 
空が写るよう、構図を工夫


#どうですこの笑顔 #笑顔の陰に努力あり #ベンチに座って高見の見物

低い位置から撮影し、笑顔&緑と空が活きた1枚に。カメラマンは地面に寝そべって撮影…。

 
生け垣効果でフォトジェニック


#くんくん

風景を生かした構図パターン。横からの光に反射した生け垣の緑が、ナチュラルで優しいムードを醸し出す。

 
たっぷりの余白を作って


#トゲトゲ #でも遊ぶ

偶然転がっていた木の実に没頭&夢中。犬の周囲に余白を作って撮影すると開放感が生まれる。

 
影を生かして撮ってみる


#物思い #考えてるのは肉のこと

影を入れるとどことなく詩的なイメージに。季節や時間によって影の長さが変化するのも楽しい。

 
関連記事:【インスタ基礎編】1から始める世界で大人気の柴犬になる方法!

 
Shi‐Ba vol.94『#インスタグラム?#なにそれ、おいしいの?1から始める世界で大人気のSHIBAになる!?方法』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。