犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

秋の味覚とShi‐Baのコラボレーション。犬用さつまいもレシピ!

2018/09/11

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

さつまいもを一口食べただけで、口に広がる優しい甘さに表情が緩んでしまう。蒸したりするだけでも十分おいしいけれど、ひと手間かけたらもっとおいしい。今回は犬用さつまいもメニューをご紹介!

 

さつまいもを食べるメリット

さつまいもの種類っていろいろあるけれど、どれも食物繊維が豊富に含まれている。お通じを良くする効果は犬にも現れるので、便秘気味の犬にはおすすめ。また、細胞の酸化を防ぐビタミンCやE、β-カロテン、代謝を良くするビタミンB1、ビタミンB2も含まれているため、老化防止にも効果がある。ただし、食べすぎは下痢などの原因にもなるので注意!

 

ローストポークにぎり~スープ付~

【カロリー】
全体で約215kcal(体重8㎏の犬のほぼ1食分)

【材料】
さつまいも 50g(皮つき)
ご飯 50g
豚ヒレブロック 50g
牛乳 30㏄
焼きのり(味なし) 少々

【作り方】
1.さつまいもは皮をよく水で洗い適当な大きさにスライスして、さつまいもがかぶるくらいの水で柔らかくなるまで茹でる。

2.豚肉は、沸騰した湯で1分湯がいてから湯を捨て、4面に焼き色をつける。

3.2をアルミホイルで包んで冷めるまで放置する。

4.1のさつまいもの皮をむき、黄色い部分だけをフォークでつぶしてご飯とよく混ぜ、5等分にして軽くにぎり成型をする。

5.1を適当な大きさで6枚にスライスし、4に乗せて棒状に切った焼きのりで肉とご飯を巻く。

6.スープを作る。残りの豚肉をみじん切りにして水30㏄(分量外)を加えた小鍋で沸騰させて火を止め、牛乳30㏄を加えて器に移す。

【ワンポイント】
さつまいもは、時間をかけて茹でることで甘味が増す。また、豚肉はこのくらいの分量ならば予熱でも肉の中心部まで火が通るので、肉が柔らかく風味を損なわずに消化性も良い仕上がりになる。

 

スティック大学芋

【カロリー】
全体で110kcal 

【材料】
さつまいも 100g(皮付き)
オリーブ油 小さじ1/2
はちみつ 小さじ1
すりごま 1g

【作り方】
1.さつまいもは、皮をよく水洗いしてから縦、横1㎝幅の拍子切りにする。

2.5分ほど水でさらしてから水を切り、さらにキッチンペーパーで水分を取る。

3.オーブンを220度に予熱し、鉄板にクッキングシートを敷く。

4.3の上に2を乗せ、オリーブ油をかけて、さつまいもの表面にコーティングするように混ぜて重ならないように全体に広げる。

5.オーブンで10分くらい焼いたら裏返し、さらに5~10分焼く。

6.5を皿に広げ、はちみつを回しかけて全体にすりごまをちらす。

【ワンポイント】
低カロリーなオヤツ。ただし、食べ過ぎるとウンチが柔らかくなるので注意! 焼き立ては人のように口の中でよく噛んで食べる場合は大丈夫だが、飲み込む食性の犬には消化に悪いので、少し時間をおいてしっとりしてからあげると良い。

 

さつまいもと鶏ささみのソフトロール

【カロリー】
全体で約230kcal 

【材料】
さつまいも 50g(皮付き)
鶏ささみ 30g
鶏卵 1個
クリームチーズ 10g
片栗粉 5g

【作り方】
1.さつまいもは縦に1/2に切り分け、かぶるくらいの水で柔らかくなるまで茹でる。

2.鶏ささみは、茹でてみじん切りにしておく。

3.卵焼き器にクッキングシートを敷き、中火で温めておく。

4.片栗粉を水大さじ1(分量外)で溶き、卵によく混ぜ卵液を作る。

5.4を3に加え、卵焼き器を左右前後にゆすりながら卵液が動かなくなったら火を止め、アルミホイルでふたをして予熱で固める。

6.1のさつまいもを皮ごとフォークでつぶし、クリームチーズ、2の鶏肉とよく混ぜる。

7.3をクッキングシートからゆっくりとはがした上に6を全体に広げて、手前からくるくると巻き込んでいく。

8 6等分に切り分ける。

【ワンポイント】
できあがったら、くるんでアルミホイルでしっかりと包んで、冷蔵庫で2~3時間寝かせるとしっとりとして切り分けやすくなる。見た目は小さいが、脂肪を多く含むので1日1/6個を目安に少しずつちぎってあげよう。冷凍保存可能。

 

そのままあげるのはNG!

さつまいもの黄金色と、ぷっくりとしたフォルムは、どこか柴犬を連想させる。そんなさつまいも大好きな柴犬は多い。味付けしなくても十分に甘いサツマイモだから、ついついそのままあげちゃいそうになるけれど、それはNG。犬には人間にあるでんぷんを消化する酵素が唾液に含まれていないため、大きなかたまりであげてしまうと消化不良になってしまう。ほどよくつぶして少量ずつあげよう。

 
 
Shi‐Ba vol.91『そういえば、さつまいもって柴犬に似てない?』より抜粋。
※掲載されている写真はすべてイメージです。