季節

2020/12/25

【愛犬のための健康カレンダー】予防薬や寄生虫予防のタイミングは?

春夏秋冬のシーズンごとに、健康管理を徹底させることが愛犬の元気と長生きの秘訣。予防薬や寄生虫予防のタイミング、季節ごとに気をつけたいポイントを詳しくご紹介します!   健康カレンダー 3月中旬~11月末 ノミ予防 1年中 ダニ予防 ノミが活動する時期は3月中旬~11月下旬。この時期、駆虫薬で徹底的に予防しておきたい。ダニの場合は一年中生息していて通年予防が必要。ノミ・ダニ両方に有効な駆虫薬を使用している場合は、一年中予防しておくのが望ましい。 4月 狂犬病予防接種 毎年、愛犬に狂犬病予防接種を受 ...

2020/12/23

年末年始の誤飲、誤食は命取り! 食べてはいけない食材・食品ミニ図鑑

今年も年末年始がやってきた。食いしん坊のダックスにとって、誤飲・誤食トラブルが増える時期だ。特に気をつけたい食べ物について解説。 目次 1.年末に気をつけたい食べ物 2.年始に気をつけたい食べ物 3.まとめ   年末に気をつけたい食べ物 肉やケーキなど、年末はごちそうのオンパレード。消化が悪くて胃に負担がかかったり、骨や串が刺さって危険な料理もあるので要注意! 鶏肉(骨付き) 危険度★★★ 骨が刺さる危険あり! 手羽先、手羽元、鶏もも肉など、過熱された鶏肉は犬が骨を噛んだ時にパキッと折れやすくな ...

2020/12/16

犬の咳・くしゃみ・鼻水の症状は風邪?勘違いしやすい病気に注意!

愛犬が頻繁にくしゃみをしていたり、鼻水が出ているなど、もしかしたらこれって風邪?と思うことはないだろうか。「犬の風邪」に関する詳しい症状を知っておこう。   目次 1.犬の風邪 Q&A 2.風邪の原因 3.風邪の症状 4.風邪の治療 5.風邪にかかりやすい犬 6.風邪にかかると危険な犬 7.風邪と勘違いしやすい犬の病気 8.運動し体を鍛え、ワクチン接種も忘れずに 9.風邪のときは暖かくして散歩も控えること   犬の風邪 Q&A Q.犬も人間と同じような風邪を引くの? 犬 ...

2020/12/2

【 LET’S 温活!!】体を温めて血流UP!冬でも冷え知らずの犬に!

冷えは体調を崩す元となり、病気の原因になることもある。とくに気温が低くなる時期は、人間のみならず、犬も体を積極的に温めたいもの。身近な道具で簡単にできる温活の方法を探っていこう。   目次 1.くつろぎタイムに取り入れてみよう 2.あずきボール 3.タオルカイロ 4.足湯 5.温活 Q&A 6.内側から温めることも大切   あずきボール あずきの乾燥豆を布で包み、こぼれないようにひもで縛るだけで出来上がり。縛るのが大変なら輪ゴムなどで固定してもOK。電子レンジで30秒ほど温めて、まずは ...

2020/11/26

【柴犬ストー部はじめました!】暖房器具で起こるリスクと安全な使い方

この時期、犬も大好きな暖房器具たち。暖かくて心地よい反面、やけどや一酸化炭素中毒などのリスクも。そうならないためにも、安全・快適に暖をとるための方法を考えてみよう。 目次 1.暖房で起こるリスクを知ろう 2.ストーブの種類とリスク 3.犬のやけど・低温やけど 4.感電 5.一酸化炭素中毒 6.使い分け&危険防止で安心快適ストーブ生活   暖房で起こるリスクを知ろう ストーブの前に陣取ってウトウトしている愛犬。気持ちよさそうだな~とほほえましく見守りつつ、気づけば毛がアツアツになっていて、 ...

2020/11/24

寒がりな愛犬、防寒のススメ。冬に起こりやすいトラブルと対策

ブルブルはさようなら!元気いっぱいに冬の寒空の下で過ごせるよう、愛犬のための冬のお出かけ防寒対策術を伝授しちゃいます。これで冬の出不精は解消!?外遊びやお出かけが楽しめまーす!!   目次 1.犬が見せる寒さのサイン 2.愛犬の行動や動作を見逃さない! 3.犬が冬にかかりやすい病気&ケガ 4.放置せずに即座に暖を取ること 5.ポカポカの室内に潜む危険 6.寒さから身を守る方法・対策 7.寒い冬の日だってお外で元気に遊びたい!   愛犬の行動や動作を見逃さない! 急に寒くなってきた、風が ...

2020/11/2

【暖取りは柴犬と共に】寒がりさんのための防寒講座

年中快適な室温で暮らすことが増えた犬と人間は、極端に寒さに弱くなったように思える。しかし散歩で外へ出れば寒い……。お互いの健康を守り、愛情を深めるためにも、温まれる防寒法を考えてみよう。   目次 1.寒がりな犬ってどんな犬? 2.寒い時の様子、室内犬と外飼い犬の違い 3.犬と寒さの関係 4.愛犬への正しい防寒  4-1 外飼い犬  4-2 室内犬 5.室内犬の散歩を安全に行うには 6.あなたの添い寝願望叶えます   寒い時の様子、室内犬と外飼い犬の違い 快適な温度 ...

2020/10/20

乾燥する季節は気をつけたい!日本犬に多い意外な病気“気管虚脱”

気管虚脱とは「気管が押しつぶされたような形に変形して、呼吸が苦しくなる」病気。特に寒い時期に症状が悪化するので、冬は十分に注意したい病気だ。   目次 1.気管虚脱とは 2.気管虚脱に気をつけたい犬 3.咳の症状が悪化する場合は……   気管虚脱に気をつけたい犬 ■肥満の犬やシニア犬は要注意 中高年期の犬は気管の構造が変性しやすくなる。また肥満の犬は気管周辺の脂肪が気管を圧迫し気管を変形させるので、気管虚脱になりやすい。   ■首輪でぐいぐい前に引っ張る犬 首輪をして散歩をす ...

2020/9/16

食べたり触ったりすると危険!犬の日常生活に潜む危険な植物

犬が食べたり、触ると危険な植物図鑑を制作してみた。愛犬を守るために読んでおこう!   目次 1.犬はなぜ草を食べる? 2.犬が好んで食べる植物 3.根にはご用心! 4.ノギは犬の大敵 5.ダニが潜むイネ科植物 6.犬のアレルギーの原因になる植物 7.中毒がある植物が多い科 8.犬の中毒の原因になる植物一覧 9.皮膚トラブルの原因になる植物一覧 10.猛毒を持つ植物一覧 11.除草剤や農薬が付着した草にも注意!   犬はなぜ草を食べる? 犬って草をむしゃむしゃ、よく食べる。その必死な姿を ...

2020/8/18

秋の味覚と犬びよりのコラボレーション。犬用さつまいもレシピ!

さつまいもを一口食べただけで、口に広がる優しい甘さに表情が緩んでしまう。蒸したりするだけでも十分おいしいけれど、ひと手間かけたらもっとおいしい。今回は犬用さつまいもメニューをご紹介!   目次 1.さつまいもを食べるメリット 2.スティック大学芋 3.ローストポークにぎり~スープ付~ 4.さつまいもと鶏ささみのソフトロール 5.そのままあげるのはNG!   さつまいもを食べるメリット さつまいもの種類はいろいろあるけれど、どれも食物繊維が豊富に含まれている。お通じを良くする効果は犬にも ...

2020/8/17

愛犬は自宅警備員! 留守番する犬の気持ち、トラブル対処方法は?

普通の家庭で飼われたからには「留守番」って犬の宿命みたいなものだと思う。しかし、留守番については飼い主的にも犬的にも、いろいろと考えるところや問題があるみたいだ……。   目次 1.気になる犬の留守番Q&A 2.犬の留守番トラブル 3.よりよい留守番を目指すには?   犬の留守番トラブル ■夏の「日差し」に要注意!! 外飼いの場合、犬小屋の設置場所に注意したい。日陰があり、風通しのよい場所を選んであげよう。長時間の留守番を想定して、1日の間に犬小屋周辺の日陰がどのよう動くかを把握してお ...

2020/8/3

スイカ、バナナ、メロンetc……旬の果物を使ったスープ&オヤツレシピ

暑い夏はみずみずしい果物がよりいっそうおいしく感じる季節。たくさん遊んだ後や、ちょっと夏バテかな~と思う時は、旬の果物を使ったスープやオヤツをあげてみましょう。栄養が体に優しくしみこんで、体力も回復するはず。   目次 1.犬に与えても良い1日の目安量 2.調理や食べ方の気になるQ&A 3.果物レシピ   犬に与えても良い1日の目安量 果物は消化器への負担となる症状を避けるため、エネルギー量よりも食物繊維量で与える分量を考えます。 下記の表に示した数値には、体重10㎏の柴犬が主食の違い ...

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD