犬びより

日本犬、コーギー、チワワ、ダックス、プードル、鼻ペチャ犬のためのwebマガジン

寒がりさんのための防寒講座~暖取りは柴犬と共に~

2018/12/10

facebookでシェア ツイートする LINEで送る

年中快適な室温で暮らすことが増えた犬と人間は、極端に寒さに弱くなったように思える。しかし散歩で外へ出れば寒い……。お互いの健康を守り、愛情を深めるためにも、温まれる防寒法を考えてみよう
 

寒がりな犬ってどんな犬?

一般的に大型犬ほど体内で作れる熱量が大きいため寒さに強い傾向がある。体格以外でも寒さ順応性は変わるのだろうか?

寒さに対する順応性は、体内で熱を作り出す筋肉量が関わってくる1歳未満の子犬や老犬は温度変化の対応が十分ではなく、とりわけ老犬になると筋肉量が減ってしまうため体温維持が難しくなる。寒さ対策が万全ではないと体温が低下することもあるので注意しよう。

また、体格が大きいほど寒さに強い傾向があるが、それは脂肪でぽっちゃりしていることがいいという意味ではない。なぜなら脂肪はただの断熱材でしかなく、じっとして体温を温存する時は役に立つが、熱を作るためにはある程度の筋肉が必要になるからだ。熱を発する筋肉をつける意味から、性別でいえば筋肉を作るホルモンの分泌が多いオス、性格でいえば散歩や遊びが好きで、元気で行動的な犬ほど寒さに強いといえるだろう。

また、寒さに対する経験を重ねると順応性が高まるようだ。北海道生まれの人も長年東京で暮らしていると、北海道の寒さに弱くなってしまうように、生活環境に体は順応する。柴犬は寒さに強い犬種だが快適な温度で過ごしている室内犬は、外飼い犬に比べれば寒さに対する経験値が少ないもの。そのため換毛期がスムーズではないなど環境への適応力が低下している場合がある。

 

寒い時の様子、室内犬と外飼い犬の違い

快適な温度の中でぬくぬくと過ごす室内犬と、日々の寒さを肌で感じ取っている外飼いの犬とでは、寒さへの対応も違ってくる。

ある日突然気温が急激に低下するのではなく、冬の寒さは刻々と近づいてくる。外飼いの犬はその変化を敏感に感じ取り、毛を密に生やし、ゴハンをたくさん食べて脂肪を蓄え、寒さに備えようとし、冬は多くの摂取カロリーが必要になる。もし外飼いの犬がフードをやたら欲しがる、あっという間に食べ終わる、完食しているのにやせてきたなどの様子が見られたら、ゴハンが足りてないのかもしれない。量を少し増やして様子を見よう。外飼いの場合、飼い主との接触時間が少ないため、こうした犬のサインに気づきにくいことがある。飼い主がコートを着始めた、布団を増やしたなど防寒対策を始めたら、犬の小屋に毛布を入れてあげたり、入口に風除けをつけたりするなどの冬支度を始めてほしい。

室内犬の場合は、特に寒さ対策の必要はないが、必要以上に温かい場所で暮らしていると、散歩で外出した際、寒暖差が体に負担となることがある。犬と人間の住環境が同じだと、犬は必要以上に温かい場所で暮らすことになる。人間は衣類を着脱して温度調整ができるが、犬はそうはいかないので、温かい場所から急に外へ出る時には寒暖差を和らげる工夫が必要。ウォーミングアップ後、寒暖差の少ない廊下で体を慣らしてから外出するなどし、体にストレスがかからないようにしよう。

 

犬と寒さの関係

寒さトラブル1
膀胱炎など泌尿器系の障害
冬は水を飲まなくなるので尿の濃度が上がり、尿道結石のリスクが高まる。また外でしか排尿しない犬は尿意をガマンしがちで、それが膀胱炎の引き金になる。水はいつでも飲めるようにし、室内でトイレをできるようにトレーニングしておこう。

 
寒さトラブル2
足に負担がかかり関節炎に
冬は寒さで筋肉や靭帯が縮こまっている。そんな状態でいきなり歩く、階段を下りるなど関節に負担がかかる運動をすると、それが関節炎の原因になる。特に高齢や太った犬は要注意だ。散歩前はウォーミングアップを心掛けたい(詳細は下記)

 
寒さトラブル3
心臓発作により倒れることも
寒さにより循環器系に関わる血管が、ギュッと収縮して細くなると、血流が滞り、それが引き金となって心臓発作を起こすこともある。若くて健康的な犬なら問題はないが、もともと心臓にトラブルを抱えていたり、老犬だと危険だ。

 
寒さトラブル4
気管支炎やインフルエンザ
空気の乾燥や寒暖差により喉や気管支が刺激され、咳が出ることがある。また乾燥した寒冷所ではウイルスが蔓延しやすい。他の犬との接触がほとんどなくても、できれば冬の前に犬インフルエンザが入っている混合ワクチンを接種しておくといい。
 
寒さトラブル5
体重が増えて肥満まっしぐら
一般的に動物は秋になると食欲が増す。これは脂肪を蓄え、冬に備えるためだ。しかし快適な環境でゴロゴロと過ごせば肥満に直結する。ただでさえ寒さで散歩の距離も減ってしまう季節。ゴハンのあげ過ぎに注意し、遊びを増やすなどして肥満対策を。

 
▼犬の寒いサイン、冬にかかりやすい病気&ケガはこの記事をチェック!
寒がる愛犬、防寒のススメ。冬に起こりやすいトラブルと対策

 

愛犬への正しい防寒

▼外飼い犬

被毛がダブルコートの柴犬は基本的には寒さに強いが、厳しい寒さの寒冷地では対策を怠らないようにしよう。

風よけをつくる
小屋にダイレクトに風が入らないよう、入口の向きを変えたり、段ボールや冷蔵庫につけるビニールのれんのようなもので風よけを作るとよい。

マットやすのこを敷く
地面からの冷気は案外強い。コンクリートの下にすのこを敷いて小屋を底上げする、小屋の中に保温マットを敷くだけでも温かさが違う。

ブラッシングをかかさない
毛の隙間に空気が含まれることで保温効果が上がる。そのため古い毛はブラッシングで取り除こう。血行を促進する効果も

ゴハンの量を増やす
寒さに備えるには、脂肪を蓄えなければならないので、食事量を増やしてあげてもOK。やせてきたら足りない証拠なので体型観察も忘れずに。

毛布やフリースを与える
小屋の中に毛布やフリースを入れてあげよう。極寒ならペット用のパネルヒーターを入れるのも手。

冷傷対策をする
肉球にしもやけができることも。なりはじめはかゆく必死に舐めてるので、保護クリームをつけてあげよう。

玄関や室内飼育を考える
気温が低下する夜や降雪、風が強い日のために玄関や室内で過ごせるようにしておこう。老犬は室内飼いも検討。

ストレスを読み取ろう
寒さ対策が不十分なこともある。ゴハンが足りない、寒いなどのストレスサインに早めに気づいてあげよう

 
▼室内犬

人間と同じ環境で過ごしている室内犬は、暖房によるやけどのリスクや、外出時の寒暖差が体に負担をかけることもある。

暖房を切る夜はケージ周りを防寒
昼は暖房から一番遠ざけて過ごさせるくらいがベスト。ただし暖房器具を消す夜は寒暖差が激しい。ケージを毛布で覆うなど対策を。

床暖房の上では寝させない
床暖房や電気カーペットは暑すぎてフセをすると辛い。涼しい場所に移動できるようしておこう。

こたつ布団に乗るくらいでOK
コタツに入れると熱がこもって、軽い熱射病になってしまう場合もある。コタツ布団の外で寝かせるといい

 

室内犬の散歩を安全に行うには

出かける前のウォーミングアップ

1.暖房器具を切り窓を開ける
暖房を切り、窓を開け、室内の気温を下げ、屋外との寒暖差をなくす。この作業は犬だけでなく、飼い主も急激な温度変化に順応するための準備となる。

2.廊下で5分ほど過ごさせる
室内に家族がいると、暖房を切るのが難しい。その場合は、外との寒暖差が少ない廊下や玄関などに移動しよう。そこで5分ほど歩かせて体を温めよう。

 
服を着させて防寒する
風が吹いたり、雪が降っている場合は、雨風よけにレインコートやダウンなどを着用しよう。特に老犬や子犬は、体温と共に体力が奪われるので着用したい。

 
散歩をする時間帯に気を配る
冬は地面から冷気が立ち上るので、日が出ている時間帯に散歩を。強風や降雪がひどい場合は散歩を休むのも手。そのぶん、室内の遊びを充実させよう

 

あなたの添い寝願望叶えます

柴犬に添い寝したい飼い主は多いことだろう。しかし、添い寝については少々注意が必要だ。

短時間ゴロ寝する程度はかまわないが、ベッドの中で長時間密着して寝るのは注意が必要。寝返り際に押しつぶす、ベッドから落としてしまうことも。また人畜共通感染症のリスクや抜け毛など衛生の観点から考えてみることも大切。

犬と一緒に寝るなら布団の中は避け、飼い主の足元で寝かしつけよう。排泄や抜け毛の衛生的な問題もあるが、布団を掛けると犬のストレスになることも。

また、電気毛布を使用している場合は低温やけどの原因にもなるので注意。

さらにしつけ面でも問題で、分離不安や犬が自分のことを一番偉いと勘違いして飼い主に対して攻撃的な態度をとる“アルファシンドローム”になる可能性もある。密着しすぎると悪影響になることも覚えておこう。

さて犬の防寒と飼い主の暖取り法の添い寝について迫ってみた本企画だが、簡単に温まるなら日々の散歩も忘れないでおこう。防寒をして散歩へ行き、家では添い寝でリラックス。健康的になって関係性も深められるといいこと尽くめ。今年の冬も真の意味で温まる関係を築いてほしい。

 
 
関連記事:【柴犬ストー部はじめました!】暖房器具で起こるリスクと安全な使い方
 
 
Shi‐Ba vol.87『添い寝のやり方も教えちゃう!寒がりさんのための防寒講座 暖取りは柴犬と共に』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。