犬びより

ぷりぷりのアノ部位は可愛いだけではない!尻は口ほどにモノを言う!

2019/04/24

調べてみると「尻」に関する慣用句って意外と多い。これだけの数のお尻に関する言葉があるってことは、それだけお尻は体の中でも表現力豊かな部位ってこと。あるいは、顔と同じくらいに意思を伝達したり、相手の意思を察したりすることが可能な部位なのかも。お尻が顔と同じくらいに感情豊かであるならば、顔色だけに注目してもいられない。「顔色」じゃなくて「尻色」をうかがうというか……もう少し犬のお尻にも注目してみるべきかも。

 

お尻に関する慣用句

■尻を叩かれる

【解説】
「尻を叩く」とは、やる気を起こすように促したり、急き立てたりするという意味がある。「尻を蹴飛ばす」なんて激しい別バージョンも。

【柴犬的解釈】まあ、叱咤激励ってことっすね。
何事も積極性に欠けたとこがある柴犬は、飼い主さんからお尻を叩かれることもしばしば。

 
■尻を据えてゴハン食う

【解説】
本気で物事に取り組む姿勢を「尻を据えて◯◯に打ち込む」ってな言いをする。「腰を据える」とも言うけど。

【柴犬的解釈】気合入れて飯食う時がこんな感じ
一心不乱に食事する姿は、確かにお尻を据えてかかってるってな感じ。でも、あまり食事にばっかり没頭しているとオヤツを同居犬に奪われるから、ほどほどに。

 
■尻を並べる

【解説】
対等の関係を「肩を並べる」と言う。仲良くお尻を並べて座ってるのも、まあ、そういった対等関係ということで。

【柴犬的解釈】美尻比べしてるワケではない
2匹の先住犬に挟まれても気にすることなく、仲良く座っている。いい関係が築けていそうだ。

 
■尻が重い

【解説】
一般的には「尻が重い」とは、身軽に動けない、動作が鈍い人のことをいう言葉。

【柴犬的解釈】尻が重くなる理由って?
犬の場合、イヤなことがある時に発動する。散歩中に頑なに動かなくなるときがある。その尻の重さには、理由あり。その先には大嫌いな動物病院があるのだ。

 
■尻が青い

【解説】
子供っぽいことしてると「尻が青いな」と言うのは、日本人を含むモンゴル系の赤ん坊にできる蒙古斑に由来してる。

【柴犬的解釈】柴犬にも蒙古班あるのかね?
成犬になってもオモチャが大好き。まだまだ尻が青いなぁ……ってな感じ。この柴犬の場合は、かわいいオモチャが大好き。

 
■尻が軽い

【解説】
「尻が軽い」は「尻が重い」の対義語。素早く物事を始め、軽快に動く様を言う。だが、軽率な行動とか、浮気っぽいやつとか悪い意味で使われることも。

【柴犬的解釈】好きなことなら当然こうなる
「遊ぶんすか?」といつでもやる気満々。気合入りすぎて、ボールを投げる前から走り出し、見失ってしまうこともよくある。

 
■尻に敷かれる

【解説】
妻が夫を意のままに従わせることを「亭主を尻に敷く」という。今時は男女関係だけじゃなく、犬との関係もそういったのが多いようで。

【柴犬的解釈】
「飼おう!」と家族の総意で即決。一目ぼれってやつ。やっぱ惚れた弱みってのもあるのだろう。尻に敷かれて嬉しかったりする。

 

犬にとっては人間以上にお尻が大切!?

人間同士だと、相手にお尻向けるってのは失礼な行為にとられることが多々あり。

けど、犬が人にお尻を向けてるのは、べつに無視したりナメた態度をとってるわけではない。

むしろ、信頼の証だったりもする。お尻を向けるのは無防備な状態だけに、確かに信用してなきゃできない。

お尻を向けるという行為も、人と犬とでは意味合いがかなり違ってそうだ。

また、犬同士の挨拶はお尻の臭いを嗅ぎ合うもの。お尻はコミュニケーションの道具でもある。

絶対にお尻の臭い嗅がせまいと逃げまわるよーな、ケチ臭い態度をとってると「尻の穴の小さいヤツだな」と、犬仲間にディスられるかも。

こうして考えると、人間が考える以上にお尻は犬にとって重用な場所。それだけに、犬語には我々人類よりもさらに豊富な尻慣用句が存在するかもしれない。

 
関連記事:
思う存分、知ったかぶれ!犬にまつわる言葉&ことわざ辞典
意外と知らない柴犬のお尻事情。色・サイズから肛門腺の絞り方まで解説!
 
人気のキーワード:
#しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理
#性格 #散歩 #気持ち #病気 #おでかけ
#ケア #子犬 #性別
 
Shi‐Ba vol.96『ふわふわの尻は可愛いだけの部位ではないのだ 尻は口ほどにモノを言う!?』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。

facebookでシェア ツイートする LINEで送る
pick up!