犬びより

【犬の夏バテ防止】夏をたくましく、強く乗り切るスタミナスープレシピ

2019/08/18

夏の暑さのおかげで、愛犬も夏バテ気味になっていないだろうか? そんな時にオススメなのが、スタミナたっぷりのスープ。愛犬にひと手間がけて作ってあげ、夏を元気に乗り切ろう!
 

 

にくじゃがスープ風

犬の夏バテ防止スープ

約110kcal

材料
豚赤身ひき肉・・30g
ニンジン・・・・10g
キャベツ・・・・1/4枚
ジャガイモ・・・中1/2コ
水・・・・・・・3/4カップ~1カップ

 
作り方
(1)豚赤身ひき肉は熱湯で湯引きする。
(2)皮を向いたニンジン、ジャガイモとキャベツは大きさを揃えてさいの目切りにする。
(3)鍋に水を入れ、(1)(2)を入れ、中火で(2)が柔らかくなるまで(ニンジンが指でつぶれるくらまで)中火で煮る。

 
ポイント!
疲労回復のビタミンB1を多く含む豚肉に抗酸化作用のβカロチンやビタミンc、胃を守るビタミンUを含む栄養スープ。

 

ワン風冷汁

犬の夏バテ防止スープ

約180kcal

材料
あじ刺身(又は、生のあじやいわし)・・・20g
鶏ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・20g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ
レタス・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2枚
木綿豆腐・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
青のり・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
黒すりごま・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
ごはん・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2カップ

 
作り方
(1)鶏ひき肉と水を鍋に入れ、弱火で5分ほど煮込みスープを作る。
(2)あじは小骨を取り除き、細かく切りテフロン加工のフライパンでこんがり乾煎りする。
(3)フードプロセッサーに冷ました、(1)、(2)、水洗いして手でちぎったレタス、豆腐をいれ攪拌する。
(4)あたたかいごはんをもった器にかけ、(3)をかけてごはんとよく混ぜ合わせる。
(5)青のり、黒すりごまをふりかける。

 
ポイント
夏バテ気味で、食欲がない時に、アミノ酸と水分をしっかり補給できるスープごはん。また、ミネラルバランスもよく、体液のバランスを整えてくれる。

 

サーモンのだいこんおろしスープ

犬の夏バテ防止スープ

約80kcal

材料
サーモン・・・・・・・・・40g
水・・・・・・・・・・・・80cc
大根(真中の甘い箇所)・・・30g
しいたけ・・・・・・・・・1/2コ
牛乳・・・・・・・・・・・20cc

 
作り方
(1)サーモン、しいたけはそれぞれよく洗ってから細かく切り、なべに入れ水から中火で10分くらい煮る。
(2)大根は皮をむき、大根おろしを作っておく。
(3)(1)の火をとめ、牛乳と(2)の大根おろしをまぜる。

 
ポイント!
サーモンには健康な被毛をサポートする脂肪酸や骨の健康に必要なビタミンDがたっぷり。大根の消化酵素が蛋白質や脂肪の消化を助けてくれるので、お腹にも優しいスープ。

 

犬のスタミナスープ まとめ

暑い夏場は、水分摂取とエネルギー産生の効率化が重要ポイントとなる。

しかし、いくら水分摂取が重要と言っても、水ばかり与えると胃液が薄まってしまい、消化不良を起こし、かえって食欲不振をまねいてしまいがち。

そこで、カリウムを十分に含むトマトなどの夏野菜や、アミノ酸がたっぷり含まれたスープを与えることをお勧めしたい。また、ビタミンB1は糖質の代謝を促進してエネルギーを効率よく作ってくれるので、疲労を早く回復させたい夏場にはおすすめ。ビタミンB1は、豚肉やカレイに含まれている。

今回紹介しているレシピは、体重5キロで1日2回食事をする健康な犬の1食分を前提に分量を表示しているが、これは、スープであり主食ではないことを肝に銘じよう。よってスープのカロリーから主食の量をコントロールして与えるのがベスト。

また、与える時の注意点は必ず冷ましてから与えることが重要となる。

 
関連記事:猛暑から愛犬を守るために知っておくべきサインと対策。夏バテ犬復活への道!

 
人気のキーワード:
#しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理
#性格 #散歩 #気持ち #病気 #おでかけ
#ケア #子犬 #性別
 
Shi‐Ba vol.18『夏をたくましく、強く乗り切る! 夏バテ防止のスタミナスープを作ろう!』より抜粋
※掲載されている写真はすべてイメージです。
 

facebookでシェア ツイートする LINEで送る
pick up!